体験レポート 21 本でつながる 豊島邸のブックカフェ

文化

掲載号:2019年9月14日号

  • LINE
  • hatena

 1市3町のイベントに記者が参加し、魅力を伝える体験レポート。今回は歴史的建造物・豊島邸で開かれている「本ときどきカフェ」の初日にお邪魔してきた。

 平井丈夫さん(小田原まちセッションズ代表)ら有志が「地域の憩いの場になれば」と期間限定で開いているブックカフェ。目玉企画は「みんなでつくる本棚」だ。各自がお気に入りの一冊を持ち寄り、推薦文を帯に添える。本を手にした人が帯に感想を書き足していき、会期を終えた時、思いを共有した人たちの本棚ができるというものだ。

 本好きの友人に誘われたものの「実は本読むの苦手」。記者あるまじき発言を呑みこみ、自嘲気味に足を踏み入れる。考えに考え持ってきたのは、次女の誕生日に上の娘に贈った絵本。同じ絵本は沢山世に出回っているが、少しの工夫と読み手の感じ方でその人だけのオンリーワンになる。自分なりに感じた魅力が伝わるようにと、そっと置く。

 既に十数冊の本があり「食べることと暮らすことが楽しくなる」「青春の一冊」などPR文が添えられている。ドリンク片手に時折畳に寝転んだり庭園を眺めたりしながら、本に目を落とす。読破する時間がないのが残念だが、物語と、本の主に思いを馳せるだけでも妙に楽しい。

 「一人暮らしなので、本を読んで誰かと話す、こんな場所いいわね」。訪れた人とのお喋りが弾んでいたら、隣で2人組の女性が記者の絵本を手に談笑を始めた。どんな一言が加えられるのかな。くすぐったさで、自然と頬がゆるんだ。

 会期中は読み聞かせなどワークショップも多彩で、”言葉つながり”だろうか「木ハガキ」にまつわる企画もあるという。言葉を扱う者として「今度編集室の先輩も誘ってみよう」。再訪を心に決め、邸宅を後にした。

◆本ときどきカフェ/豊島邸(小田原市栄町4の9の44)で9月23日(月)まで。(問)平井さん【携帯電話】090・3687・8355

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

ドローンの活用を考える

ドローンの活用を考える 経済

ルールや申請方法など

2月22日号

スポーツ史ウェブで公開

スポーツ史ウェブで公開 スポーツ

小田原市体育協会が編集

2月22日号

自転車乗り方教室も

自転車乗り方教室も 教育

3月20日 サイクルフェス

2月22日号

「安心した」が率直な気持ち

特別インタビュー

「安心した」が率直な気持ち 社会

小金沢昇司さん

2月22日号

食事でフレイル予防を

食事でフレイル予防を 社会

3月1日に市民公開講座

2月22日号

寄付

寄付 社会

2月22日号

「曽我兄弟の魅力伝えたい」

「曽我兄弟の魅力伝えたい」 文化

しもそが五郎十郎市

2月22日号

意見広告・議会報告政治の村

  • 風魔忍者現る

    世界が憧れるまち”小田原” 意見広告

    風魔忍者現る

    守屋てるひこ

    2月15日号

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

岡本暁子ピアノリサイタル

岡本暁子ピアノリサイタル

4月11日 タウンニュースホール

4月11日~4月11日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月22日号

お問い合わせ

外部リンク