相撲 覚悟の白星で宿敵撃破 旭丘が県新人で初優勝

スポーツ

掲載号:2019年11月16日号

  • LINE
  • hatena
チームを牽引、個人80kg級でも優勝した奥さん
チームを牽引、個人80kg級でも優勝した奥さん

 相撲の県高校新人大会が11月10日に川崎市で開かれ、旭丘高校が団体戦で創部9年目にして初優勝。来春の全国高校相撲選抜大会(高知大会)への出場権を獲得した。

 3人制・総当たりで行われた決勝リーグは、東西を分かつ宿敵・向の岡工高との事実上一騎打ちとなった。

 「一勝の重み」。新チームとなり、主将に任命された奥知久さん(2年)が何度も口にする言葉だ。10月に行われた関東選抜では3年連続3位と幸先の良いスタートとなったが、準決勝は大将を任された自分の1敗でチームも敗れた。「大事な一番で負けてしまう…自分の弱さです」。これまで「あと一勝」の所で幾度となく涙を呑んできただけに、もう負けたくない。県新人にかける思いはひとしおだった。

 「調子も良く、気持ちがこもっていた」。主将の覚悟を感じたのか、岸田光弘監督は奥さんを先鋒で起用。確実に星を取るムンクジャルガルさん(2年)を中堅、大将に星奈柾輝さん(1年)を配し、先手必勝のオーダーを組んだ。

 命運を託された奥さんが土俵に上がると、懸命に声を張り上げる仲間の姿が映った。「チームで戦ってると思えたら気が楽になった」。自分が勝てば、流れは絶対に来る。体格で勝る相手に一旦は俵を背負うも、冷静に体勢を整えると、気迫で寄り切り、金星を上げた。その後は狙い通り中堅戦で勝ち、2対1で王者を退けた。試合後「よくとったな」と岸田監督から短く声をかけられ、奥さんから笑みがこぼれた。「目標は全国で勝つこと。今日の一歩を大切にまた頑張ります」。自らの白星で、チームを勝利に導く―主将としての責任と覚悟をみせた大会となった。

 なお個人では奥さんが80kg級で優勝、野地峻良さんが無差別級、100kg級で原尾文隆さん(共に1年)が準優勝した。
 

初優勝に笑顔の旭丘高相撲部
初優勝に笑顔の旭丘高相撲部

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

ヒメマスの増殖を体験

ヒメマスの増殖を体験 教育

箱根の森小が採卵学習

11月27日号

努力で掴んだ全国優勝

努力で掴んだ全国優勝 スポーツ

前羽小、北村大芽君

11月27日号

8秒の間隙 首位攻防制す

ベルマーレフットサル

8秒の間隙 首位攻防制す スポーツ

猛攻はね返し ホーム無敗

11月27日号

クリニック併設 安心の住まい

クリニック併設 安心の住まい 社会

施設見学随時受付中

11月27日号

浅田政志さん 小田原を撮影

浅田政志さん 小田原を撮影 文化

1月 三の丸ホールで展示

11月27日号

野外で歌やダンス披露

ポールスターフェス

野外で歌やダンス披露 文化

本日 湯河原で初開催

11月27日号

マツダ小田原店

都市型SUVの、上質さと質感にこだわり抜いた特別仕様車「CX-5」デビュー

http://www.mazda-odawara.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年11月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook