国府津駅周辺 混雑緩和へ今秋整備 車道延伸、駐車場増設など

経済

掲載号:2020年2月15日号

  • LINE
  • hatena
国府津駅周辺整備事業の平面図
国府津駅周辺整備事業の平面図

 朝夕に慢性的な交通渋滞を起こしている国府津駅周辺について、小田原市は2020年度から整備事業を開始する。既存の駐輪場にロータリーを延伸させ新たな送迎用駐車スペースを確保するほか、2層式駐輪場の新設や歩道の拡張を行い、市は現状の混雑緩和と安全性の向上を図りたい考えだ。

 1日の平均乗降者数は1万2千人ほど(18年度)の同駅周辺では朝夕、駅利用者を送迎する車による渋滞が発生。07年から08年にかけ、市はバス進入路を別ルートにし、ロータリー整備を実施したが改善に至らなかった。近隣商店主の一人は「今も雨天時は国道まで停車する車の列が伸び、危険性を感じる」と状況を語る。

 市はこれまで15年度に同駅の周辺整備基本構想を策定。翌年に用地を買収するなど計画を進めてきた。新たな駅前の拡張整備は交通混雑の改善と駅利用者の安全性を考慮したもの。

 同事業では駅西側の駐輪場スペースを整備。ロータリーを延伸して一般車の乗降場(3台分)を確保するほか、コンビニエンスストア後方に15台分の駐車スペースを設置する。減少する駐輪スペースは2層式の有料駐輪施設を新設することでカバーする。

22年度の共用目指す

 今年秋から2層式駐輪場の整備、来秋から路外駐車スペースやロータリー拡張工事を進める。用地買収なども含めた総事業費は約13億円。

 小田原市道水路整備課の関係者は「今回の拡張整備は自転車スペースからロータリー整備と、駅利用者の安全を確保しながら段階的に実施していく。2022年度の早いうちには供用開始できれば」と話している。市は今後、同駅周辺地域の自治会などに事業の周知を進めていく。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

ママ友が販路拡大に一役

はなぞのマルシェ

ママ友が販路拡大に一役 社会

地元店商品オンラインで

12月4日号

60周年で記念公演

小田原吹奏楽研

60周年で記念公演 文化

12月12日、三の丸ホールで

12月4日号

未利用・低利用魚で新商品

小田原地魚利活用2団体

未利用・低利用魚で新商品 文化

12月から販売開始

11月27日号

「2・26事件」資料館 後世に

光風荘保存会

「2・26事件」資料館 後世に 社会

風雨で損傷、維持に奮闘

11月27日号

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ

小田原城天守閣

DQ(ドラクエ)ウォークとコラボ 文化

フォトスポットと御城印

11月20日号

佐藤心結さんプロ合格

ゴルフ

佐藤心結さんプロ合格 スポーツ

市長表敬「目標は賞金王」

11月20日号

あっとほーむデスク

  • 11月13日0:00更新

  • 11月6日0:00更新

  • 10月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook