Zoomで福祉学び合い 日本とタイの150人

社会

掲載号:2020年6月27日号

  • LINE
  • hatena
市の取り組みを伝えるランサン市長(右)(提供・野毛坂グローカル)
市の取り組みを伝えるランサン市長(右)(提供・野毛坂グローカル)

 日本とタイの自治体職員や大学関係者らが、高齢者福祉について相互に学ぶ「withコロナ時代の高齢者ケア 日本とタイの学びあい オンラインセミナー」が6月17日、テレビ会議システム「Zoom」を利用して開催された。

 両国の交流促進などを目的とする市民団体「野毛坂グローカル」(奥井利幸代表、横浜市)、福祉分野で湯河原町と覚書を結ぶタイのブンイトー市、タマサート大学の共催で初めて実施。両国の医療福祉介護関係者をはじめ学生ら約150人が参加した。

 奥井代表によると、タイでは日本と同様に高齢化が課題となっている。今回のセミナーは、特に新型コロナウイルスの蔓延に関連し「ステイホーム下での精神的ストレス、虚弱化などの悪影響」「IT技術の活用」などについて、双方の取り組みを学び合うことで課題解決につなげたいと企画された。

取り組みに自信

 日本側からは、県高齢者施設協議会の加藤馨理事長が「日本では高齢者施設の入居者が約100万人いるが、施設内で新型コロナウイルス対策を講じ、感染者数は少数にとどまっている」と発表。また小田原市内の特別養護老人ホーム「ジョイヴィレッジ」の熊谷久子施設長は、テレビ会議やガラス越しでの面会などの対策を紹介した。

 タイ側からはブンイトー市のランサン・ナンタカウォン市長が参加。同市のウイルス対策を説明したほか「ブンイトー市では厳密なロックダウンの中、市民同士で支援し合う人が多かった」と報告すると、両国の参加者から多数の称賛の声が寄せられた。

 参加したブンイトー市職員のパッタナシン・インジョムさんは「学び合いを通じ、市の取り組みを進める自信につながった」と語った。奥井代表は「タイとの関係を深めることで、日本への高齢者ツーリズムの活性化だけでなく、人手不足が深刻化する日本の福祉施設への、タイからの人材提供促進にも期待できる。画期的なセミナーになったと思う」と話した。
 

大人気「担々麺」をレトルトで!

小田原で長年愛される「タンタン麺」+「タンタンモッチー」を限定販売中!

https://tabelog.com/kanagawa/A1409/A140901/14003104/

<PR>

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

認知症サポ講座 再開

認知症サポ講座 再開 社会

小田原市各所で8月から

6月27日号

「五輪1年延期をプラスに」

「五輪1年延期をプラスに」 スポーツ

クレイ選手(相洋AC)が再始動

6月27日号

願いごと短冊に託して

願いごと短冊に託して 文化

箱根関所で七夕飾り

6月27日号

宿泊予約は対前年比3割

宿泊予約は対前年比3割 教育

6〜10月箱根DM0調査

6月27日号

オンラインで学ぶライティング講座

異文化交流拠点 再開へ

湯河原町

異文化交流拠点 再開へ 社会

外国籍者向けサロン

6月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年6月27日号

お問い合わせ

外部リンク