相洋高野球部 新たな歴史刻む準V 県王者・東海大相模に惜敗

スポーツ

掲載号:2020年8月29日号

  • LINE
  • hatena
涙を堪えきれない加藤主将(右)ら相洋ナイン
涙を堪えきれない加藤主将(右)ら相洋ナイン

 夏の全国高校野球選手権大会・同神奈川大会の中止を受け、県高野連が独自に開催した「県高校野球大会」は23日、横浜スタジアムで決勝戦が行われ、1947年の創部以来初のファイナルに進んだ相洋高校が東海大相模高に5対9で敗北。頂点は掴めなかったが、準優勝に輝いた。

 序盤から試合の主導権を握ったのは相洋だった。勝利が見えてきた3点リードの8回表、2死満塁のピンチ。高橋伸明監督はマウンドをエース本田眞也(3年)に託した。1―2と追い込んだ4球目、バッテリーは「一番練習してきたインコース」を選択。力勝負を挑み、相手主砲に左翼前へ打ち返された。勝負の一球を痛打され、この回逆転を許し、王者の執念の前に屈した。

敗北から築いたもの

 攻めきる―それはリードする加藤陸久主将(3年)と投手陣が常に意識してきたことだ。チームは一昨年秋から3度、東海大相模に打ち負かされてきた。昨秋の大敗後「今のままでは通用しないと意識が変わった」(高橋監督)。外角への逃げを狙われた反省から、大事な局面で内へ攻めきることを徹底。しつこい程にブルペンで投げ込み、攻める球を、攻める心を磨いてきた。

 コロナ禍で「野球ができることが当たり前でない」(加藤主将)と気付いたナインは、監督の「明日があると思うな」の言葉を反芻し、より一球を重んじるようになっていった。スローガンの『劣勢に強く、終盤に強く、粘り強く』は諦めず、攻め抜く覚悟の表れ。逆転でベスト8入りを決めた慶應義塾戦後から、選手の野球ノートには「これが自分たちの、相洋の野球だ」の文字が溢れるようになった。

 4度目の挑戦も阻まれ、試合には負けた。だが投じた一球に「悔いはない」とバッテリーが言えば、ナインは皆「悔しいが、自分たちの力は出し切った」と声を揃えた。これまで流した涙の味とは違う。「何度も壁に当たり、その度に課題を見つけ、階段を一歩ずつ上がるように成長してきた」(高橋監督)。チーム始動時『相洋の歴史を作る』と立てた誓いは今、結実した。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

民間提案制度 対象を拡大

小田原市

民間提案制度 対象を拡大 経済

柔軟な発想 まちづくりへ

9月25日号

感謝と敬意 音色に込めて

バイオリニスト式町水晶さん

感謝と敬意 音色に込めて 文化

パラ閉会式で演奏

9月25日号

「小田原留学」で人材育成へ

「小田原留学」で人材育成へ 教育

学生視点で活性化策 提言

9月18日号

紙・デジタル2本立て

プレミアム付商品券

紙・デジタル2本立て 経済

小田原市 発行額7億6千万円

9月18日号

「高潮浸水」想定図を初作成

小田原市

「高潮浸水」想定図を初作成 社会

区域、水深を明示

9月11日号

コロナ 自宅療養者をケア

コロナ 自宅療養者をケア 社会

医師会、看護師ら連携

9月11日号

あっとほーむデスク

  • 9月25日0:00更新

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook