タウンレポート 入湯税、落ち込み幅過去最大 箱根町・湯河原町

社会

掲載号:2020年9月12日号

  • LINE
  • hatena
緊急事態宣言発令中の箱根湯本(5月1日撮影)
緊急事態宣言発令中の箱根湯本(5月1日撮影)

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、箱根町・湯河原町の入湯税の減収が激しい。両町の4・5月は前年比で約80%減となった。町税の中で2%強を占める湯河原町よりも、約10%を占める箱根町はより深刻だ。「ここまでの落ち込みは過去にないと思う」と各町の担当者は落胆する。

 入湯税は使い道が定められている目的税。観光振興や環境衛生施設の整備、消防施設・消防活動に充てられる税金だ。金額は「一人1日150円を標準にする」と地方税法に定めがあり湯河原町は、宿泊客一人1泊150円、日帰り客は一人100円。箱根町は、宿泊客一人1泊150円、日帰り客は一人50円となっている。

 箱根町の入湯税は、年間約7億円前後で町税の中では固定資産税、町民税に次ぐ額で約10%を占めている。税務課によると、緊急事態宣言が発令された4月は766万円(2019年度5855万円〈86・9%減〉)で、入湯宿泊・日帰り数は6万5千人(同45万6千人)だった。5月は704万円(同5350万円〈86・8%減〉)で、入湯宿泊・日帰り数は6万2千人(同42万6千人)だった。税務課の担当者は「東日本大震災、15年の噴火警戒レベル引き上げ時でもここまでは落ちこまなかった」とこぼす。

 宣言解除後の6月は1768万円(同4534万円〈61%減〉)で、入湯宿泊・日帰り数は15万人(同35万7千人)と4・5月に比べやや持ち直した。今後の回復に期待を寄せるが「インバウンドの動きがないのは痛い。秋の紅葉シーズンに期待したいが、国内旅行客の動き次第になる」と担当者は気をもむ。

 箱根町は、観光誘客促進として町外者向けのクーポン券「箱いこクーポン(完売)」の販売、湯河原町は「県民向けに平日限定旅行プランの助成(検討中)」などを打ち出し観光客回復を図る。次年度予算編成が始まることもあり、両町の税務課担当者は「厳しい状況ではあるが、町民生活にできるだけ影響を及ぼさないよう努力したい」と口を揃える。

人や車の往来が増えた箱根湯本(8月8日撮影)
人や車の往来が増えた箱根湯本(8月8日撮影)

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

輝きに満ちた作品100点

輝きに満ちた作品100点 文化

アール・ド・ヴィーヴル展

10月24日号

満開の秋桜を「どうぞ」

満開の秋桜を「どうぞ」 文化

11月1日 一夜城で摘み取り

10月24日号

小田原と歌舞伎の歴史

小田原と歌舞伎の歴史 文化

UMECOで展示

10月24日号

音楽室机に抗菌マット

音楽室机に抗菌マット 社会

(株)スズキ 酒匂中へ寄贈

10月24日号

恐竜ワールドにご案内

恐竜ワールドにご案内 教育

J:COMがオンライン授業

10月24日号

地元ゲームを惜敗

地元ゲームを惜敗 スポーツ

Fリーグ湘南ベルマーレ

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク