小田原市放課後児童クラブ 初の公設民営へ 10月から開所時間拡大

教育

掲載号:2020年9月12日号

  • LINE
  • hatena
スポーツプログラム実施の様子=提供/(株)明日葉
スポーツプログラム実施の様子=提供/(株)明日葉

 小田原市の放課後児童クラブの運営が、10月1日から株式会社明日葉(本社/東京都港区)に委託される。民間委託は初で、期間は2023年9月30日まで、実施場所は片浦小学校子ども教室を含む小田原市内25カ所。

 放課後児童クラブは、就労や疾病などにより保護者が放課後養育ができない児童に対し、生活と遊びの場を提供する施設。小田原市ではすべての小学校で空き教室を利用して開所しており、1993年度から市直営で運営してきた。小学校の児童数が減少し続けている反面、入所人数は毎年増え続けており、9月1日現在で1621人。指導プログラムの充実や開所時間の拡大が求められる中、市の体制で課題解決が難しくなったことから、今年3月の市議会で運営業務を民間に委託することが承認された。

 6月に公募型プロポーザルを実施し、応募があった3社の中から東京都と神奈川県で保育園や学童保育などを運営している同社に決定。委託に伴い、これまで放課後(土曜、夏・冬・春休みなどは午前8時)から午後6時30分だった開所時間が前後30分ずつ拡大し、放課後(同午前7時30分)から午後7時となる。利用料金は月額7千円のままだが、午前7時30分から8時、午後6時から6時30分、6時30分から7時は、それぞれ30分間の利用ごとに100円の延長料金が必要となる。また、ICカードによる入退室管理システムを導入。児童の入退時の通知メールを保護者に配信する。専門家によるスポーツプログラムや料理教室なども実施していく予定。常駐する指導員の変更は原則ない。市教育委員会の担当者は「子どもたちがさらに楽しめる、安心・安全の環境を提供していければ」と期待を寄せている。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

小田原市 採択額全国2位

デジ田推進交付金

小田原市 採択額全国2位 政治

防災、観光分野などで活用

5月14日号

旧内野醤油店、利活用へ

小田原市

旧内野醤油店、利活用へ 社会

公有化で地域活性を促進

5月14日号

2030年への道筋示す

小田原市

2030年への道筋示す 政治

新総合計画がスタート

5月7日号

新シーズンへ組織変革

ベルマーレフットサル

新シーズンへ組織変革 スポーツ

発足15年 さらなる進化へ

5月7日号

3年ぶり武者パレードも

5月3日

3年ぶり武者パレードも 社会

「北條五代 歴史と文化の祝典」

4月30日号

『みかんの花〜』で出発進行

JR国府津駅

『みかんの花〜』で出発進行 文化

発車メロ、5月2日変更

4月30日号

あっとほーむデスク

  • 5月14日0:00更新

  • 5月7日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook