小田原市内3クラブ 6人が全国の舞台に挑戦 JOC水泳大会

スポーツ

掲載号:2020年10月17日号

  • LINE
  • hatena

 第43回全国JOCジュニアオリンピックカップの夏期水泳大会がこのほど開催され、小田原市内3つのスイミングクラブから小中学生計6人が出場した。今年はコロナ禍の影響で、都道府県ごとに本戦を実施し、通信でランキングを決定する。神奈川県内の選手たちは9月20日、横浜国際プールで競技に臨んだ。

神奈中スイミング

 神奈中からは、100mバタフライと100m背泳ぎに石塚夕貴さん(相洋中1年)、50mと100m背泳ぎに久保田天来さん(町田小6年)が出場した。休講期間を思い返し「ただ水に入ることが楽しい」と声を揃える。タイムは思うように伸びなかったが「初めて100mにも出場でき、緊張したが全力で泳げた」(久保田さん)、「3カ月泳げず体力も落ちた。でも今の精一杯で悔いはない」(石塚さん)と振り返った。

スポーツプラザホウトク

 長谷川彩美さん(城北中2年)は200m自由形に出場。全国大会は昨年に続いて2度目の挑戦だった。「昨年の反省を生かし、最後のキックの追い込みを意識して練習に励み、今回は自己ベストを更新できた」と話す。初出場の西岡美釉さん(久野小4年)は50mバタフライに挑戦。「練習中に右脚を痛めたけど、本戦では痛みは意識しなかった。JOCに出られてすごく嬉しい」と笑顔を見せた。

小田原スイミング

 今回が4回目の全国大会という加藤紗季さん(中井中1年)。200m個人メドレーで「当日の泳ぎは良かったけど、後半にばててきた。今後はもっと頑張って速いタイムを目指したい」と振り返る。山中知子さん(豊川小4年)は50m自由形、50m背泳ぎに出場。「初めての全国大会で緊張した。5、6年生と戦えたのは良い経験。全国には自分より速い選手が多いので追いつきたい」と意欲を示した。

 なお、本戦の結果を基にした全国ランキングは今後、主催の日本水泳連盟が発表を予定(10月12日起稿)。

石塚さん(左)と久保田さん
石塚さん(左)と久保田さん
西岡さん(左)と長谷川さん
西岡さん(左)と長谷川さん
山中さん(左)と加藤さん
山中さん(左)と加藤さん

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』

遺跡探訪シリーズ16刊行 小田原市

『別堀遺跡群 無御座候(ござなくそうろう)の村』 文化

5月8日号

公民連携で電力地域自給

公民連携で電力地域自給 社会

関連企業らが現地視察

5月8日号

足柄ハリケーン県優勝

足柄ハリケーン県優勝 スポーツ

18年ぶり 悲願果たす

5月8日号

「こども風景」

「こども風景」 文化

山田花菜さん個展

5月8日号

中学校ソフトテニス大会

西湘地区

中学校ソフトテニス大会 スポーツ

泉中・千代中が優勝

5月8日号

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Carp streamers comfortably swim in the sky in Odawara 文化

5月8日号

あっとほーむデスク

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter