今年はドライブスルーで 「街なか小田原おでん」

経済

掲載号:2020年11月7日号

  • LINE
  • hatena
実行委員長の土屋さん
実行委員長の土屋さん

 商品選びから支払い、受け渡しまで乗車したまま行う初めてのドライブスルー「街なか小田原おでん」が11月8日(日)に開催される。主催は第18回小田原おでん祭り実行委員会。「多くの皆さんが元気になるきっかけになれば」と主催者は呼び掛けている。

 場所は市内城山の小田原競輪場メイン会場で、時間は午前10時から午後4時。会場で調理された大根やこんにゃく、小田原すじなど具の種類を変えた盛り合わせ(8個入り1000円)2種類のほか、おでん種が6個入った温めるだけで食べられる持ち帰り用の調理済みパック(700円)、おでんだしミニパック、曽我の梅干しを甘めのみそにたたき込み練り上げられた梅みそと金山寺みそのセット、豚角煮入りちまき、おでん種が豊富に揃った小田原おでんセットなどが販売される。徒歩や二輪での来場は不可。

今できる形で開催

 新作や人気種が味わえると多くの人出でにぎわう「小田原おでん祭り」は昨年、台風の影響で中止。今年4月のおでんサミットも新型コロナの影響で中止となった。

 おでん種製造会社らによる小田原おでん祭り実行委員会のメンバーは「経済は動き出している。イベントを中止にするのではなく、やり方を変えて開催しよう」と6月から会議を重ね、ドライブスルー方式を決めた。小田原市の協力もあり、小田原競輪場を会場にし、名称も新たに行うことになった。

 実行委員長の土屋敬蔵さんは「私たちスタッフも新型コロナ対策をしっかりして対応します。皆さんのご来場をお待ちしております」と呼び掛けている。

 入場無料。荒天・新型コロナによる中止の場合あり。問い合わせは、同実行委員会【電話】080・6500・1750へ。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

全国に轟け「鶴宝(かくほう)」

全国に轟け「鶴宝(かくほう)」 経済

真鶴養殖岩ガキ 愛称決まる

1月23日号

公共施設 使用制限に差

公共施設 使用制限に差 社会

1市3町、緊急事態宣言下

1月23日号

個性武器に世界へ挑戦

下曽我在住青木友哉さん

個性武器に世界へ挑戦 文化

バレエ ローザンヌ出場へ

1月16日号

「今は我慢の時」

地域飲食店

「今は我慢の時」 経済

時短期間始まる

1月16日号

「ヒサと共に」

湘南ベルマーレフットサル

「ヒサと共に」 スポーツ

きょう久光選手追悼試合

1月9日号

ワクチン接種 体制整備へ

小田原市

ワクチン接種 体制整備へ 社会

新型コロナ対応で補正予算

1月9日号

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク