公共施設 使用制限に差 1市3町、緊急事態宣言下

社会

掲載号:2021年1月23日号

  • LINE
  • hatena
休館・休場のお知らせが貼られた城山陸上競技場(上)と真鶴町民センター
休館・休場のお知らせが貼られた城山陸上競技場(上)と真鶴町民センター

 緊急事態宣言に伴い、小田原市、箱根町、湯河原町、真鶴町の1市3町でも公共施設の使用制限が行われている。施設使用の可否等については自治体の判断とされており、対応は分かれている。

 小田原市は、小田原城天守閣や小田原アリーナなどの屋内施設と、城山陸上競技場や庭球場などの屋外有料施設を原則休館・休場としている。タウンセンターは貸室利用は休止中だが、住民窓口や図書コーナーの業務は行っており、小田原駅東口図書館では閲覧席等の利用休止と時間短縮で運営している。

 箱根町、湯河原町、真鶴町は、運動公園などの屋外施設は通常通り運営。屋内であっても、湯河原町は町立美術館など一部施設は開館、箱根町は午後8時までの利用制限と飲食禁止を設けた上で運営している。

 1市3町で対応に差が生じているのは、県の方針をもとに自治体ごとに判断が委ねられているため。小田原市では「不要不急の外出を自粛してもらうために、目的地となる施設を閉じる必要がある」とし、屋外であっても有料施設であれば対象としている。一方、健康の維持と運動を促進する上で公園は通常通り開放している。

 湯河原町、真鶴町はでは密閉、密集、密接の「3つの密」を回避できる屋外施設については休館・休場せず、箱根町は「感染者数が少なく、日頃から住民の間で感染対策が徹底されている」(保険健康課)ことから全ての施設を現段階では休館しない方針だ。

小田原市「医療を守るため」

 3町に比べ、小田原市がより厳しい判断をした背景に、感染者数の増加と市立病院の医療体制がある。市福祉政策課によると、市内の新型コロナ感染者が昨年12月初旬に累計100人を超えた後、1カ月半ほどで300人を超え、増加スピードが上がっている。また、市立病院は県西地域の基幹病院であることから「医療を守るため、これ以上感染者数を増やしてはならない」とし、警戒を強めている。

(1月20日起稿)

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

ひとり親家庭でニーズ増

フードバンク

ひとり親家庭でニーズ増 社会

県西での食品支援のいま

2月27日号

利活用事業者が再決定

小田原市豊島邸

利活用事業者が再決定 社会

企業向けテレワーク施設を計画

2月27日号

「食」テーマに活用を検討

小田原市清閑亭

「食」テーマに活用を検討 文化

民間事業者への貸付模索

2月20日号

3月16日に開通予定

栄町小八幡線

3月16日に開通予定 社会

迂回、大幅に短縮へ

2月20日号

事業者に独自支援金交付へ

小田原市

事業者に独自支援金交付へ 経済

国、県事業の対象外想定

2月13日号

市民意見受け計画修正

国府津駅周辺整備事業

市民意見受け計画修正 経済

ロータリー拡幅など反映

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月19日0:00更新

  • 11月2日0:00更新

  • 11月17日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年2月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク