小田原にも溶岩到達 富士山噴火マップ改定で

社会

掲載号:2021年4月10日号

  • LINE
  • hatena

 神奈川県や静岡県、山梨県などで組織される「富士山火山防災対策協議会」が3月26日に富士山噴火時のハザードマップを新たに公表した。最新のデータでは、小田原市を含む神奈川県内にも溶岩流が到達する可能性があることが明らかになった。

 2004年以来、17年ぶりの改定となった今回は、前回のマップ公表以降に蓄積された科学的知見を追加。火口範囲を拡大し、最大規模の溶岩噴出量を前回の約2倍(13億立方メートル)まで想定した。

7日間で県内へ

 これら想定を、より詳細な地形データに反映させたことで、溶岩は大きな河川や平野部を流下すると算出。被害範囲が拡大した。最も広範なケースとして、噴火から約1週間で山北町や開成町に、最終的には市北部に到達する結果となった。

 今回の発表を受け、市の防災担当者は「結果に驚いたというのが正直なところ。今後は地域防災計画へ反映させる必要がある。市民への周知や説明会の開催などを検討していく」と話した。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

メンマで「竹害」改善へ

メンマで「竹害」改善へ 社会

製品化に向けチーム結束

10月16日号

野外でチョークアート

野外でチョークアート 文化

ダイナシティで

10月16日号

俳句に挑戦しよう

俳句に挑戦しよう 文化

11月30日まで作品募集

10月16日号

鉄道と人の絆など紹介

鉄道と人の絆など紹介 文化

24日(日)まで資料展

10月16日号

ハルネでテープアート

ハルネでテープアート 文化

参加者を募集中

10月16日号

塔之沢発電所が土木遺産に

塔之沢発電所が土木遺産に 文化

稼働中では県内最古

10月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

  • 9月25日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook