情熱で拓いた 芸妓の道 真鶴町の御守上葉さん

文化

掲載号:2021年5月22日号

  • LINE
  • hatena
芸妓の魅力を語る御守さん
芸妓の魅力を語る御守さん

 真鶴町で生まれ育ち、今年1月、京都の祇園で芸妓になった若者がいる。御守上葉(おんもりあげは)さん、20歳。「多都葉(たつは)」の名で数々のお座敷で舞い、多くの人を魅了している。

 「どんな分野でもそうだけど、好きなことを仕事にできるのは最高ですね」。しゃんと伸びた背筋に、静かな口調。瞳の奥に熱意を宿し、自身の道を拓いてきた。

「好き」が継続の力に

 真鶴中学校の吹奏楽部でクラリネットを担当し、合唱コンクールではピアノ伴奏者を務めた御守さん。「将来は音楽の道に進もうと思っていた」少女は、京都への修学旅行を前に、あるドキュメンタリー番組に目を奪われた。京都・祇園の舞妓を描いた作品で「自分と同じ位の年齢の子が、華やかな衣装で仕事をしていた。とても綺麗で、こういう世界があることに驚いた」。

 この衝撃が情熱に火を付けた。「私も舞妓さんになりたい」との思いが芽生え、憧れは次第に覚悟に変わった。「高校に行かないことよりも、舞妓さんにならないことの方が後悔する」。進学を薦める周囲の声もあったが、決意は固かった。

 卒業後、15歳で京都に移り、住み込みでの修業の日々が始まった。京舞井上流五世家元で人間国宝の井上八千代さんに師事し、同期たちと切磋琢磨しながら、日本舞踊や礼儀作法、所作などを夢中で身に付けた。

 修業中は芸事を習うだけではない。手洗い場の掃除や先輩の荷物持ち、舞台の裏方など「寝る間もないほど働くときもあった」。1年続く厳しい修業の毎日。挫折する者が次々と増え、諦めずに舞妓になれたのは同期12人のうち御守さんを含めて5人だった。「悩んだこともあったけれど、舞台に立つのが好きだから続けてこられた」

喜びと責任を胸に

 16歳で舞妓としてデビューした日の喜びは、いまも鮮明に覚えている。10kg以上ある衣装を初めて身にまとい「重たい。でも着られることがうれしかった。初舞台は緊張したけれど、仲間と一緒だったから心強かった」と振り返る。

 あれから4年。数々の経験を積み、実力の高さを認められた御守さんは今年、同期の中で一番最初に芸妓になった。「衣装も変わり、責任も重くなる。不安もあるけれど、今度は私がお座敷で舞妓さんたちを引っ張っていかなきゃ」。熱意を新たに、芸の道を進む。

 来年夏には芸妓として本格的に独立する。「舞妓になるのはゴールじゃなくて、なってからがやっとスタート。普通に学校に通っていたら出会えない多くの人たちと出会えて、視野がとても広がった」と魅力を語る。

 現在は政府の緊急事態宣言により1カ月ほど臨時休業。帰省し、母親が小田原市内で営む飲食店を手伝っている。「早く忙しかった頃に戻りたい。舞や三味線など、芸事を披露する場があるから目標ができる。祇園に戻ったら、また懸命に頑張りたい」

芸妓「多都葉」(本人提供)
芸妓「多都葉」(本人提供)

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

伊豆山を継続支援

小田原白梅ライオンズ

伊豆山を継続支援 社会

約30万円を現地に送金

9月18日号

風魔忍者を募集中

小田原市観光協会

風魔忍者を募集中 文化

殺陣習得でショー出演

9月18日号

古典芸能で幕開け

小田原三の丸ホール

古典芸能で幕開け 文化

文化・芸術 創造の拠点に

9月18日号

小田原市がスマホ教室

小田原市がスマホ教室 社会

携帯販売事業者4社と協定

9月18日号

防犯、青少年育成などの力に

防犯、青少年育成などの力に 社会

小田原遊技場組合が寄付

9月18日号

もしかして摂食障害?

当事者・支援者・家族向けセミナー

もしかして摂食障害? 社会

10月9日 UMECO

9月18日号

あっとほーむデスク

  • 9月18日0:00更新

  • 9月4日0:00更新

  • 8月28日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森林の魅力 満喫する1日

小田原市いこいの森

森林の魅力 満喫する1日

10月2日(土)に人気イベント「きまつり」

10月2日~10月2日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook