「小田原のヒーロー」目指す姿は進化の途中 湘南ベルマーレフットサル 佐藤玲惟選手

スポーツ

掲載号:2021年9月25日号

  • LINE
  • hatena

 小田原市を拠点に、フットサルFリーグ1部に参戦する湘南ベルマーレフットサルクラブ。五輪期間の中断明けとなるシーズン後半戦を前に、地元出身の佐藤玲惟選手に意気込みを聞いた。

 前半戦を5勝1敗1分(3位)で折り返した湘南は現在、小田原アリーナで練習を再開。「今季は全員が同じ方向で試合、練習と取り組めている。好調な状態だが、3位のまま終わらせるつもりはない。後半戦はこれまで以上にパワーアップした姿を見せたい」

 大学時代に特別指定選手として湘南に加入後、Fリーグ選抜として別チームでリーグ参戦するなど経験を積み、再び緑と青のユニホームで今シーズンを戦う佐藤選手。一度外に出たことで「生まれ育った地元を盛り上げたい」との思いはより一層強まった。

 「今年の最大テーマ」として掲げたのが『小田原のヒーローになる』というキーワード。「地元出身の選手が活躍すればチームをより身近に感じてもらえる。後半戦はゴールという見える結果はもちろん、闘う姿勢を感じてもらえるようなプレーも見せられれば」といつもの笑顔の奥には強い決意が宿る。

何事にも全力

 佐藤選手は競技のほかに小田原ガス(株)の社員でもある。能力を社会に生かし、ミックスキャリアの形成を図るチーム方針を受け、昨年5月から同社営業部くらしサポートチームに所属。ガス開閉栓から機器販売まで請け負う。

 「地元の方と接することができる楽しさ、安全が求められる責任がある業務。仕事に就く感謝もあり、フットサル同様に戦力となり、成果を求めていきたい」。部署内契約獲得数は昨年から好調をキープするなど「一人の人間として、何事にも全力で取り組むのがプロの姿だと思う」

 もう一つの”全力”フットサルで目指すは「リーグを制しての優勝パレード」だ。後半戦は10月8日(金)のYSCC横浜戦から。今季無敗のホームゲームは16日(土)のバサジィ大分戦から再開される。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

給食に木の温もりを

市建築事業協同組合

給食に木の温もりを 文化

市内産の椀 小学校に寄贈

1月15日号

幸福の木が開花

幸福の木が開花 文化

扇町、津田さん宅

1月15日号

日帰りクルマ旅、いかが

市観光協会

日帰りクルマ旅、いかが 文化

小田原巡る4コース紹介

1月15日号

オンラインで学ぶ糖尿病

オンラインで学ぶ糖尿病 教育

「たんぱく質」テーマに講座

1月15日号

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school

【Web限定記事】Web限定で一部記事を英語版で配信します。

Members of Odawara SDGs Partners held a special class in high school 教育

1月15日号

7党県代表が年頭所感

7党県代表が年頭所感 政治

コロナ禍の重点施策語る

1月15日号

株式会社大盛センイ

ラスカ小田原4階に1月31日(月)まで出店。ブランド『パンツのソムリエ』

http://www.pants-no-sommelier.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 12月18日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook