下中たまねぎ 人気で品薄 市況高騰受け 注目集まる

社会

掲載号:2022年6月18日号

  • LINE
  • hatena
「俺たちのファーム」で収穫された下中たまねぎ(5月中旬に撮影)
「俺たちのファーム」で収穫された下中たまねぎ(5月中旬に撮影)

 二宮町との境、小田原市東部地域で栽培されている「下中(しもなか)たまねぎ」の人気が高まっている。年々浸透してきた認知度に加え、今年は全国的な玉ネギ価格の高騰を受け、地元の美味に大きな注目が集まっている。

 一定の品質や出荷基準を満たす農産物などが登録される「かながわブランド」に認定されている小田原たまねぎ。その中でも下中たまねぎは、相模湾から吹き込む風が生み出す昼夜の寒暖差と粘土質の土壌という地域性により、甘みが強くジューシーな味わいが魅力の特産品。現在は40軒を超える生産者がおり、年間で約500トンを出荷している。地元スーパーやJAかながわ西湘の農産物直売所「朝ドレファ〜ミ」などでの販売や都心への出荷、インターネット販売で販路を徐々に広げてきた。

 これまでは全国的に流通している玉ネギよりも若干割高で、出荷量も限られていた下中たまねぎ。しかし今年は玉ネギの一大生産地、北海道が不作となったことなどにより、一般価格が高騰。これまでのファンに加え、多くの消費者が地場産玉ネギに注目し、一気に需要が高まった状況だ。

出荷直後から注文殺到

 ネット販売や地元直売所を展開するなど、下中たまねぎのブランド向上を地域内外に発信してきた農事組合法人「俺たちのファーム」(市内沼代)でも出荷開始をアナウンスした5月中旬以降、ネットや電話での注文が殺到。約2万平方メートルの畑地で完熟期を迎えてから収穫した約120トンが早々に底を尽いた。

 同法人の林やすなり代表理事は「例年並みの収量となる見込みだが、通販分は販売を終了した。直売所も臨時休業せざるを得ない状況」という。JAもネット販売を既に終了しており、現在は一部店舗で販売されているのみ。今年はひと足早くその姿を消しそうだが、一方で多くの家庭に”地元の美味”が届いているのかもしれない。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

葉祥明の世界を知る

葉祥明の世界を知る 文化

小田原短期大学図書館で展示

6月25日号

夜のアジサイ幻想的に

箱根登山鉄道

夜のアジサイ幻想的に 経済

7月3日までライトアップ

6月25日号

曽我の梅とコラボ

箱根小涌園

曽我の梅とコラボ 社会

ジェラートや温泉で

6月25日号

初戦快勝でシーズン開幕

初戦快勝でシーズン開幕 スポーツ

ベルマーレフットサル

6月25日号

パレード参加団体募集

湯河原やっさまつり

パレード参加団体募集 文化

6月25日号

自己最高収穫の5位

自己最高収穫の5位 スポーツ

JLPGA 佐藤心結さん

6月25日号

子供達が健やかに成長できる未来

小田原市出身・在住 井上よしゆき

https://inoue-yoshiyuki.jp/

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

  • 6月11日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook