神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

1市3町 インフルエンザ流行続く 学級閉鎖も相次ぐ

社会

公開:2024年2月24日

  • X
  • LINE
  • hatena
小田原保健所管内の推移
小田原保健所管内の推移

 インフルエンザが流行している。小田原保健福祉事務所管内の1市3町(小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町)でも注意報レベルが続き、2月に入り学級閉鎖が増えるなど感染が拡大している。(2月21日起稿)

 県は、県内378カ所の定点医療機関から受ける1週間のインフルエンザ患者報告数から1定点医療機関当たりの報告数を算出している。

 県内では昨年の34週(8月21日〜27日)に定点あたりの報告数が流行開始の目安となる1を超えた。39週(9月25日から10月1日)からは注意報レベルの10を継続して超えている。今年に入り6週目(2月5日〜11日)に27・78と警報レベルの30に近づくなど流行している。

 小田原保健所管内では42週(10月16日〜22日)で注意報レベルに入り、1月1、2週目に一時減少するも3週目から再び10を超えている。昨シーズンは12月中旬に1を超えて10以上の記録はなかった。

 また、学年・学級閉鎖も発生している。小田原市では市立小中学校で昨年9月から2月21日までに19校7学年・31クラスでインフルエンザの診断およびかぜ症状(発熱等)の欠席で学年・学級閉鎖に。そのうち2月に1学年・11クラスが発生している。箱根町立小中学校では3クラス、真鶴町立小中学校では3学年・1クラス、湯河原町立小中学校では18クラスが学年・学級閉鎖で流行が続いている。

 小田原医師会の渡邊清治会長は、「インフルエンザは偏西風が吹き気温の低下と乾燥した状態で流行り、年末から流行が目立ちますが、今回は昨年の夏から発生が見られます」と話し、その理由として、コロナ禍の4年間でインフルエンザウイルスに対する免疫力が備わっていない子どもたちが感染しやすくなっていることを挙げた。対策に「うがい手洗いを基本に、加えてマスク、ワクチンなどが防御策です」と呼び掛けた。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

県1部昇格を目指す

社会人サッカー久野FC

県1部昇格を目指す

昨年度からリーグに加盟

4月13日

箱根町が先駆モデル地域に

オーバーツーリズム対策

箱根町が先駆モデル地域に

混雑緩和へ、今夏事業開始

4月13日

1市2町でプラスに

公示地価

1市2町でプラスに

バブル期以来の上昇基調

4月6日

新作はMFゴースト版

小田原市マンホールカード

新作はMFゴースト版

市内誘客 人気アニメ活用

4月6日

世界1位の観光地に選出

箱根町

世界1位の観光地に選出

車椅子での来訪に配慮

3月30日

14人の顔ぶれ決まる

湯河原町議選

14人の顔ぶれ決まる

土屋氏2回連続トップ

3月30日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月13日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook