神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

小田原市長選 現・前・新、三つ巴の公算 あす12日告示、19日投開票

政治

公開:2024年5月11日

  • X
  • LINE
  • hatena

 任期満了に伴う小田原市の市長選挙が5月12日(日)に告示、19日(日)に投開票される。

 5月7日時点で立候補の意向を表明しているのは、前小田原市長の加藤憲一氏(60)と現職の守屋輝彦氏(57)、新人の古川透氏(64)の3氏(表明順)。2020年に行われた前回市長選はコロナ下での選挙戦となり、当時4期目を目指した加藤氏と新人だった守屋氏の一騎打ちとなり、544票の僅差で守屋氏が激戦を制した。

それぞれの政策

 昨年11月に支援団体の街頭演説会で立候補の意向を表明した加藤氏。記者会見の場では「市民の命と暮らしを守るため、市政をまっとうな状態へ再構築する」と語った。現在は連日の街頭活動、駅頭演説を実施。子育てや高齢者、障害者への支援など「いのちを育て支える」ことが行政が取り組むべき役割であるとし、現市政が取り組むゼロカーボン・デジタルタウン構想の見直しなどを訴えている。

 守屋氏は同12月の市議会定例会で立候補する考えを表明。生活の質向上や地域経済の好循環などを進める市総合計画に掲げた『世界が憧れるまち 小田原』の実現に向け、「これら政策にまい進している最中であり、さらなる成長をけん引していく」と語った。現在は各地で報告会を行う一方、市議17人が政策支援を表明したほか、地元国会議員や県議に加え政党や団体の支援も得るなど組織固めも進めている。

 新人の古川氏は今年4月、「自分の考えを市政に反映させるには立候補するしかない」と意向を表明。「小田原に住む日本人の暮らしやすい豊かな町づくり」を目指すとし、「移民による治安悪化や社会的コスト増の防止」、「市長の給与引き下げ」などの政策を掲げる。また市内扇町の少年院跡地の開発は市の関与を最低限にするとし、ほかにも小田原駅西口再開発のコスト削減などを主張している。

 期日前投票は5月13日(月)から小田原市役所、川東タウンセンターマロニエ、小田原地下街ハルネ小田原で、15日(水)から橘タウンセンターこゆるぎで受け付ける(4カ所とも18日(土)まで)。市内の選挙人名簿登録者数は3月1日現在で15万9815人。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

卒寿記念し夫婦展

卒寿記念し夫婦展

板橋の佐藤さん 27日まで

5月25日

おだわらシルミルってな〜に?

YS GEMが無失点優勝

YS GEMが無失点優勝

小田原サッカー協会長杯

5月25日

県民ゴルフデー

名門程ヶ谷CC

県民ゴルフデー

7・8月対象日が特別料金

5月25日

お城通りで訳ありマルシェ

クリニック併設 安心の住まい

クリニック併設 安心の住まい

25日・26日 試食付き見学会

5月25日

あっとほーむデスク

  • 5月25日0:00更新

  • 5月18日0:00更新

  • 5月11日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook