足柄版 掲載号:2013年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

神奈川県足柄上郡野球協会学童部の部長に就任した 露木 清美さん 開成町牛島在住 67歳

少年野球の舞台支える

 ○…足柄上郡で年6回の少年野球大会を開催する、県足柄上郡野球協会学童部の部長にこのほど就任した。発足から37年、足柄上郡の7チームからなる。就任して、まず各チームの指導者から1人ずつ代表を出して運営を分担する組織改革に取り組んだ。「役員の負担が軽減できれば、次の世代の人たちも引き受けやすくなる」と将来を見据える。「監督や保護者には『(子どもが)できなくてもあまり怒らないで。怒ってもちゃんとフォローして』と言っています。プロ養成所ではないので、子ども達がのびのびと野球ができて、仲間を作り、心身を成長させていく場にしたい」。大らかな笑顔で持論を語った。

 ○…開成町で生まれ育つ。子どもの頃はまだ駅も信号機も無く、野原や川が遊び場。「野球経験といえば、その時の草野球ぐらい」と苦笑いを浮かべる。定年まで勤めた富士フイルムでは、コンピュータ等の磁気テープを扱う仕事に従事し海外出張なども経験した。「その分野がどんどん発展していく面白い時代だった」と往事を振り返る。

 ○…野球との再会は、次男が少年野球チームに入ったことがきっかけ。「当時は指導者が足りず、練習に行っても遊んだりケンカをしている子もいた。他人任せばかりではいけないと思った」。できる範囲からとキャッチボールから始めた手さぐり指導者だったが、やがて公認審判員の資格を取るほどに。周囲に請われ、子どもが卒業してからも指導を続けた。「今は孫が野球をやっています。自分はもう裏方だが『今日の練習はどうだった?』と息子や孫と共通の話題になっています」と顔をほころばせた。

 ○…運動が好きで学生時代はテニスを、今は野球とゴルフ、畑仕事が健康の秘訣。定年後に本格的に始めたらんちゅう(金魚)の飼育は品評会に出すほどに。「育て方で成長が変わるので手抜きはダメ」。優しく楽しげな表情は、子ども達に向ける笑顔に似ていた。
 

暑中お見舞い申し上げます

医療から介護まで

薬剤師、看護師、介護士、PT募集中  託児所あります

http://youfuukai.or.jp/

<PR>

足柄版の人物風土記最新6件

瀬戸 二郎さん

20周年を迎えたハワイアンバンド・カマカハワイアンズのリーダーを務める

瀬戸 二郎さん

7月28日号

細谷 晋之(くにゆき)さん

神奈川県茶品評会で優等を初受賞した

細谷 晋之(くにゆき)さん

7月21日号

杉山 博久さん

開成町で7月18日に行われる歴史講座の講師を務める

杉山 博久さん

7月14日号

岸本 敦子さん

生涯学習講座「中学公民を、もういちど。」を主催している

岸本 敦子さん

7月7日号

香川 勝利(しょうり)さん

県西地域県政総合センターから環境保全功労者の表彰を受けた

香川 勝利(しょうり)さん

6月30日号

小林 勇さん

風鈴まつりを主催する開成町文化団体連絡協議会の会長を務める

小林 勇さん

6月23日号

足柄版の関連リンク

あっとほーむデスク

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

足柄版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年7月28日号

お問い合わせ

外部リンク