足柄版 掲載号:2017年6月24日号 エリアトップへ

大井町高尾 10年ぶり棚田が復活 農家と酒蔵、町がタッグ

社会

掲載号:2017年6月24日号

  • LINE
  • hatena
酒米づくりが始まった高尾地区の棚田
酒米づくりが始まった高尾地区の棚田

 大井町高尾の棚田で17日、10年ぶりの田植えが行われた。地域住民でつくる「高尾棚田保存会」(藤澤憲吾代表・10人)が一念発起してこの棚田の再生に乗り出した。

 棚田の広さは約5千平方メートルで篠窪から相模湾へと流れる中村川の水を引き入れ米づくりが行われてきたが、後継者不足の農家が増え大部分で荒廃が進んでいた。

 「昔からの風景をよみがえらせたい」と、地元の農家の有志が立ち上がり昨年1月に保存会を結成した。

 手始めに昨年、3千平方メートルで米を作り手ごたえを感じたことで酒米作りの案が浮上。大井町では昨年11月に「地酒で乾杯を推進する条例」が施行されたこともあり、町内の井上酒造(株)(井上寛代表取締役)に話を持ち込むと井上社長が快諾。比較的育てやすい品種の酒米「吟のさと」を栽培することにしたという。

 この話に町も協力を申し出、棚田にトラクターが入れるよう農道を再整備した。町地域振興課は「農地の再生だけでなく、条例の目指す地域活性化も期待できる」と乗り気だ。

 この日、会員はモミから育てた苗を機械や手作業で植えた。藤澤代表は「今後はオーナー制や体験などのイベントも企画して、里山の景色を残していきたい」という。

 酒米は収穫後、井上酒造で醸造され大井町産の地酒として販売する。順調に育てば一升瓶で約1600本が生産できるという。井上社長は「昔は大井町の米で酒を作っていた。原点に戻るという意味もある」と期待を膨らませていた。

足柄版のローカルニュース最新6

春を呼ぶ作品展

春を呼ぶ作品展 文化

松田町 時光窯

3月28日号

足柄事件簿

3/13〜3/19

足柄事件簿 社会

松田警察署管内

3月28日号

山北町が休日開庁

山北町が休日開庁 社会

本庁舎で3月28日、4月5日

3月28日号

開成南小の児童らが初期消火

開成南小の児童らが初期消火 社会

勇敢な行動に感謝状

3月28日号

4月1日付人事異動

1市4町

4月1日付人事異動 経済

3月28日号

特別窓口で支援強化

さがみ信用金庫

特別窓口で支援強化 経済

新型コロナ対策の一環

3月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月28日号

お問い合わせ

外部リンク