足柄版 掲載号:2020年9月19日号 エリアトップへ

山北高 合同チームで県準V 県民体育大会ソフト

スポーツ

掲載号:2020年9月19日号

  • LINE
  • hatena
合同チームの選手たち
合同チームの選手たち

 山北高校と小田原東高校による合同チームが9月5、6日に小田原東高校で開かれた県民体育大会ソフトボール少年男子の部で準優勝した。

 3年生が引退し、新チーム移行後初めての大会だったが、両校ともに新型コロナの影響で新入部員の獲得が思うように進まず、合同チーム結成での出場に至った。

 メンバーは山北高校2年生の小野田一生さん、渡邉洸希さん、内山莉貴さん、譲原翼さん、久保寺鮎希さん、同1年生の佐宗祐一郎さん、熊谷航太さんの7人に小田原東高の1年生2人が加わった。計9人のギリギリの編成だったが、少ない時間を活用し、合同練習に励んできた。

 大会は8チーム(うち合同2)によるトーナメント方式。合同チームは初戦の横浜隼人を8対2で破ると、2回戦は向上高校と対戦。乱打戦となったが、ホームランを4本放ち、13対10で打ち勝った。決勝の相手は光明学園相模原高校。序盤から堅守と強打に圧倒され、0対10で敗れた。

 大会を終え、キャプテンの小野田一生さんは「『打って勝つ』という目標が今回の大会でできたのが結果につながったと思う。決勝は疲れが目立ったので次の大会までにしっかり体力をつけたい」と話した。また、山北高校の田龍之介顧問は「選手たちが楽しそうにプレーしているのが印象的だった。次の大会に向け練習に励んでいきたい。高校男子のソフトボールはマイナー競技なので、大会等を通してもっと知ってもらえたらうれしい」と続けた。

足柄版のローカルニュース最新6

ルール守って熱い応援

ルール守って熱い応援 スポーツ

小田原球場でプロ野球

10月24日号

駅徒歩1分の町営住宅

駅徒歩1分の町営住宅 社会

入居者を募集

10月24日号

コキアの里 紅葉真っ盛り

大地震に備える術

各分野の専門家が伝授

大地震に備える術 社会

10月24日号

ホームタウン初戦は黒星

ホームタウン初戦は黒星 社会

町田に1点差で敗れる

10月24日号

小田原駅の100年伝える

小田原駅の100年伝える 社会

鉄道歴史研究会が資料展

10月24日号

あっとほーむデスク

  • 10月24日0:00更新

  • 10月17日0:00更新

  • 10月10日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク