足柄版 掲載号:2021年3月13日号 エリアトップへ

毛糸を使った刺繍「タピボン手芸」を広める 山岸 万里子さん 小田原市在住 59歳

掲載号:2021年3月13日号

  • LINE
  • hatena

「手法を守りたい」が原動力

 ○…「一般的な手芸と違って、専用の針と毛糸を使うだけで誰もが簡単・自由に作れるんです」とにこやか。戦後間もない頃、古毛糸などのわずかな物資から亡き祖母が考案した毛糸を使った刺繍「タピボン手芸」。現在、手芸研究所の主宰として、作品展や教室を通じ普及活動に取り組む。コースターやクッション、絨毯など身近な物から実用的な物まで色や大きさ、形も自由自在なのが面白さ。

 ○…本格的に取り組むようになったのは、普及活動に努めた叔母が15年ほど前に亡くなったことがきっかけだった。講師や受講生から多くの問い合わせを受けるようになり「こんなにも愛されているのに、ここで歴史を途絶えさせてはいけないと感じた」と振り返る。以来、その面白さや奥深さを再認識する日々。最近では、高齢者施設等でも広く取り入れられている。

 ○…小田原市出身。設計士だった父親の背中を見て育ち、気づけば同じ道を志していた。大学では建築学科に在籍。卒業後、一旦は大手ゼネコンに就職するも、家業を継ぐために退職。現在は自宅兼事務所で管理建築士として働き、学校関連や住宅などを中心に手掛ける。常に、いかに気持ちよく過ごしてもらえるかを考えていると言い、依頼主の打ち合わせはゆっくり時間をかける。大切にしたいのは「わくわくすること」だ。

 ○…かつて全国にいた門下生も高齢化等で年々減少傾向。今では100人ほどまでに落ち込んでいる。しかし、小田原発祥の伝統を守るべく、小田原市や南足柄市等を中心に教室を開くなど講師として精力的に活動する。「教えられる人材も減る中、『タピボン』を必要とする人たちの期待に応え続けたい」。その思いが背中を押す。

足柄版の人物風土記最新6

内田 英治さん

11月に展示会を開く、足柄老爺柿愛好会「天目会」初代会長の

内田 英治さん

南足柄市在住 73歳

10月23日号

今井 雄一郎さん

共栄書房から「山鳥の魔力」を出版した

今井 雄一郎さん

南足柄市在住 53歳

10月16日号

國見 清さん

最乗寺で写真展を開催している「あしがら写友会」幹事の

國見 清さん

南足柄市在住 76歳

10月9日号

伊藤 美香さん

ユーチューブで映像配信を始めた山北クラシック音楽連盟の会長を務める

伊藤 美香さん

山北町在住 60歳

10月2日号

矢後 昇坪(しょうへい)さん

内山地域福祉会の会長を務める

矢後 昇坪(しょうへい)さん

南足柄市在住 77歳

9月18日号

露木 明さん

「西湘リコーダーバザール」実行委員長を務める

露木 明さん

南足柄市在住 70歳

9月4日号

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook