足柄版 掲載号:2021年4月24日号 エリアトップへ

松田町が脱炭素へ「宣言」 2050年までに実質ゼロ目指す

社会

掲載号:2021年4月24日号

  • LINE
  • hatena
宣言書を持つ本山町長
宣言書を持つ本山町長

 松田町の本山博幸町長は4月20日、2050年までに二酸化炭素の排出を実質ゼロ(※)にすることを目指し「ゼロカーボンシティ宣言」をした。近年、地球温暖化の影響と見られる豪雨や猛暑といった異常気象と、それに伴う災害が増加するなど「気候危機」が叫ばれている。こうした中にあり、各都道府県や市町村でも温室効果ガスの排出抑制のための総合的な取り組みが求められている。

 町では、2016年度から地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE」を推進し、20年3月には「松田町再生可能エネルギーの利用等の促進に関する条例」を策定し環境にやさしいまちづくりを推進していることから今回の宣言に至った。

 県内で同様の宣言自治体数は4月16日現在で15自治体。県西地域では小田原市、開成町、真鶴町に続いて4番目となる。

 この日は町健康福祉センターに新たに導入された木質バイオマスボイラーの披露も併せて行われた。本山町長は「始まったばかりだが、脱炭素型の新しい生活様式への転換、エネルギー自給率の向上と省エネ、森林資源の適切な管理と保全といった取り組みを推進したい」と話した。

※実質ゼロ…温室効果ガスの人為的な発生源による排出量と森林当の吸収源による除去量との間の均衡を達成すること

足柄版のローカルニュース最新6

青空を優雅にスーイスイ

LEDで演出鮮明に

LEDで演出鮮明に 文化

市文化会館ホール

5月1日号

南足柄で交流イベント

県内SDGs事例を冊子に

県内SDGs事例を冊子に 社会

中小企業の15事例掲載

5月1日号

恋愛、じゃなくて健康のほう

記者のまちあるき

恋愛、じゃなくて健康のほう 社会

5月1日号

箱根あじさい電車楽しんで

登山鉄道

箱根あじさい電車楽しんで 社会

2年ぶり実施 6月19日から

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月24日0:00更新

  • 4月17日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter