足柄版 掲載号:2021年10月2日号 エリアトップへ

神奈川県地価調査 県西部は下落傾向続く

社会

掲載号:2021年10月2日号

  • LINE
  • hatena
山北町から望む足柄平野
山北町から望む足柄平野

 神奈川県は9月21日、県内927地点(住宅地646、商業地223、その他58)における7月1日時点の地価調査結果を発表した。これによれば、2020年から1年間の県内の地価動向は、商業地・工業地では9年連続の上昇となった一方で、住宅地は2年連続の下落となった。

 県全体の用途別平均変動率(カッコ内は前年)は住宅地がマイナス0・2%(同0・9%)、商業地がプラス0・8%(同0・2%)、工業地がプラス2・5%(同1・5%)だった。

 継続地点でみると、住宅地(627地点)は上昇が243地点、121地点が横ばい、263地点が下落。商業地(222地点)は137地点で上昇、29地点で横ばい、56地点で下落した。県は今後の動向を注視する必要があるとしながらも、「昨年の地価調査時点ではコロナ禍の影響を受け、上昇鈍化や下落に転じた地点が多く見られたが、昨年の後半を中心に回復基調となっている」と分析している。

 しかしながら、住宅地・商業地ともに、政令3市の上昇が中心であり、県西部では下落率は縮小しているものの、下落傾向が続いている。

 市区町村別の下落率では住宅地の1位が二宮町のマイナス2・9%、2位が中井町のマイナス2・8%、3位が南足柄市のマイナス2・8%。商業地では1位が山北町のマイナス3・3%、2位が真鶴町のマイナス3・2%、3位が南足柄市のマイナス2・9%となっている。

足柄エリアの状況

 1市5町の住宅地・商業地等の平均変動率は次の通り(カッコ内は前年)。

▼南足柄市/住宅地・マイナス2・8%(同3・7%)、商業地・マイナス2・9%(同3・7%)

▼中井町/住宅地・マイナス2・8%(同3・7%)、工業地・プラス0・6%(同0・6%)

▼大井町/住宅地・マイナス2・4%(同2・7%)、商業地・マイナス0・9%(同1・8%)

▼松田町/住宅地・マイナス0・7%(同2・2%)、商業地・マイナス0・9%(同2・7%)

▼山北町/住宅地・マイナス2・5%(同3・8%)、商業地・マイナス3・3%(同4・7%)

▼開成町/住宅地・マイナス1・4%(同1・8%)

足柄版のローカルニュース最新6

テーマはマイノリティ

高校駅伝選手が町長表敬

高校駅伝選手が町長表敬 スポーツ

湘光中出身の2人

12月4日号

思い出の名曲が蘇る

タウンニュースホール

思い出の名曲が蘇る 文化

サーカス コンサート

12月4日号

県SDGs取り組みに参画

一燈会

県SDGs取り組みに参画 社会

就職などで留学生支援へ

12月4日号

2団体3人に市表彰

2団体3人に市表彰 文化

賀詞交換会で表彰式

12月4日号

事前説明会に5陣営

真鶴町長選

事前説明会に5陣営 政治

立候補予定者ら参加

12月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月4日0:00更新

  • 11月27日0:00更新

  • 11月20日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年12月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook