神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
足柄版 公開:2023年3月25日 エリアトップへ

「金太郎バナナ」初収穫 目指すは南足柄の新名物

社会

公開:2023年3月25日

  • X
  • LINE
  • hatena
1本ずつ慎重にバナナを収穫する磯崎さん(右)
1本ずつ慎重にバナナを収穫する磯崎さん(右)

 南足柄市苅野地区の株式会社金太郎ファーム(苅野620・磯崎昇治代表)のハウスで3月16日から南足柄産バナナの収穫が始まっている。

 高齢化や後継者不足で元気がなくなっていく地域の農業に「活力を呼び戻したい」と、昨年から国産バナナの栽培を始めた磯崎さん。品種は高級バナナとして知られる「グロスミッチェル」だ。特に温室内の温度管理、水やりの量やタイミングなどに細心の注意を払い、140本の木から日々、目を離すことなく育て約9カ月。初めての収穫を迎え、喜びもひとしおだ。

 磯崎さんは農薬や化学肥料などは使わず安心・安全な栽培に取り組んできた。収穫したバナナは芳醇な香りと上品な甘さが特長で、素材本来の味が際立つ。皮のまま丸ごと食べることもできるという。早速スタッフとバナナをほおばった磯崎さんは「いろいろな方の協力を得て、この事業を始めることができた。味の方も間違いないと思う」と顔をほころばせた。

 新たな挑戦にバナナを選んだのは、早く安定した収穫が期待できるため。国内では輸入バナナが多く流通し、国産は希少価値が高い。1年目から収穫できる上に、新技術で育てることでサイクルも比較的短く効率が良い。「金太郎バナナ」と名付け、今後は地域の名物として育てていく。

 すでに、南足柄市のふるさと納税返礼品にも登録され、予約も上々。一般向けはインターネット販売が中心となるが、磯崎さんは「一部は4月上旬を目標に対面販売もしていきたい」と話す。問い合わせは株式会社金太郎ファーム【電話】090・1608・7755。

足柄版のローカルニュース最新6

南足柄市環境フェア

南足柄市環境フェア

6月19日から22日

6月19日

氏政・氏直父子を学ぶ

氏政・氏直父子を学ぶ

大井町郷土歴史講座

6月18日

こども向けおはなし会

こども向けおはなし会

7月6日 南足柄市立図書館

6月17日

「誰一人取り残さない」社会へ

東海大学 小坂真理 准教授にインタビュー

「誰一人取り残さない」社会へ

6月15日

三田会が総会

6月29日

三田会が総会

お堀端コンベンションホールで開催

6月15日

サン・ライフの合同供養祭

サン・ライフの合同供養祭

県内及び八王子の4会場で

6月15日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月15日0:00更新

  • 6月8日0:00更新

  • 6月1日0:00更新

足柄版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook