ホーム > 箱根・湯河原・真鶴版 > ローカルニュース > 10万平方メートルユアサ跡地流通センターか

箱根・湯河原・真鶴

10万平方メートルユアサ跡地流通センターか

伊藤忠商事が(仮称)小田原ロジスティクスセンターを計画
Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
09年から閉鎖されているユアサ跡地
09年から閉鎖されているユアサ跡地

 小田原市扇町の「ジーエス・ユアサパワーサプライ」旧小田原事業所跡に伊藤忠商事株式会社の流通センター建設計画が浮上した。扇町の地域住民らを対象に開かれた「ユアサ跡地を考える会」の席上で明らかにされた。

 「ユアサ跡地を考える会(加藤公明会長)」は、ユアサ跡地に対する地域の意見を集約しようと、扇町商工振興会が発起人となって発足。1回目の会合には地域の住民、商店主ら約30人が参加した。その席上で同会の役員からユアサ跡地に総合商社の伊藤忠商事が全国規模の流通センターを計画していることが発表された。役員の説明によると、倉庫とみられる建物を敷地内に2棟建設。高さはいずれも約30mで、I期棟は述べ床面積13万5千平方メートル、II期棟は6万7千平方メートルを計画しているという。日用雑貨を取り扱い、トラックは午前8時から午後6時の間に150台の受け入れを予定。トラックの運行ルートは現地から東名高速まで3ルート案があるとのこと。また、1200人以上の雇用が生まれる可能性もあるという。

 ユアサの旧小田原事業所は事業再編に伴い小田原市成田に移転、09年3月に閉鎖している。約10万平方メートルの敷地は、東京の不動産会社に売却され、不動産仲介業者によって宗教法人や化学工場、ごみ処理センターの誘致をにおわすチラシが近隣住民に配布されていた。
 

関連記事

powered by weblio


箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野