箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2012年4月20日号
  • googleplus
  • LINE

波が川をさかのぼる 県西部地震津波浸水予測公表

画像は予測図の一部(真鶴・湯河原)を抜粋したもの。インターネットで「神奈川」「津波浸水予測」のキーワードで検索すると各種予測図が閲覧できる。※神奈川県西部地震…県西部では、過去400年間にM7クラスの地震が5度発生しており(70年に1度の割合)これらと同類の想定地震。
画像は予測図の一部(真鶴・湯河原)を抜粋したもの。インターネットで「神奈川」「津波浸水予測」のキーワードで検索すると各種予測図が閲覧できる。※神奈川県西部地震…県西部では、過去400年間にM7クラスの地震が5度発生しており(70年に1度の割合)これらと同類の想定地震。

 このほど県が新しい津波浸水予測図を公表した。東日本大震災後に沿岸自治体からの要望を受けて見直したもので、この図は切迫性が高いとされる県西部地震(※注)を想定した予測の一部。福浦や真鶴、岩での浸水などが示されており、岩海岸には地震発生から6分後に高さ7・4mの津波が、門川には8分後に6・8mの津波が到達、新崎川や千歳川をさかのぼる。膝まで水につかれば歩いて逃げる事は困難になり、水深50〜80cm程度で乗用車は浮く。想定はあくまでシナリオでこれ以上の浸水になる可能性もある。県は今年度、各地でボーリング調査し、堆積物から過去の津波も検証する。
 

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク