箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2012年5月25日号
  • googleplus
  • LINE

小田急箱根グループ 35億円分の事業計画 湯本に日帰り温泉施設・新鉄道車両も

新造船イメージ
新造船イメージ

 小田急箱根グループが14日、総額35億円規模の事業計画を発表した。新海賊船や登山鉄道新車両、日帰り温泉などを2013年〜14年に導入・完成させる。

 箱根観光船は約10億円をかけ6隻目となる新海賊船を建造。18世紀フランスの戦艦「ロワイヤル・ルイ」をモデルに当時の装飾を盛り込むほか、内部には船員の人形なども配置。来年3月の就航を目指し9月から桃源台で建造を始める。現在のロワイヤル号(昭和62年就航)は退役する予定。

 箱根ロープウェイでは総事業費10億円で大涌谷駅舎を建て替え。地上2階・地下1階の建物は展望スペースをはじめ、100席のレストランなどを備える。風力発電を照明に活用するなど環境への配慮も盛り込んだ。すでに着工しており来年4月に完成する。

 湯本の「ひめしゃらの湯」は、ベゴニア園跡地を活用して2倍程度に拡大し、総事業費7億円をかけて古民家風の里山温泉をイメージした日帰り温泉を新設。露天風呂や壷風呂、19室もの貸切個室露天風呂を擁する施設となる予定で、来年3月オープンを目指す。

 箱根登山鉄道は17年ぶりとなる新型車両を2014年4月にデビューさせる。デザインはロマンスカーの白い車両(VSE)を手掛けた企業が担当。窓を大型化し車内には車椅子スペースを配置し、4カ国語での車内案内表示になるという。
 

船内には人形も配置
船内には人形も配置
箱根ロープウェイ大涌谷駅完成イメージ
箱根ロープウェイ大涌谷駅完成イメージ
「里山」「湯治村」をコンセプトにした施設も
「里山」「湯治村」をコンセプトにした施設も
箱根登山鉄道新車両イメージ
箱根登山鉄道新車両イメージ

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6件

J2栃木で連続出場中

シェルター大小7基に

大涌谷自然研究路に年度内建設

シェルター大小7基に

5月25日号

歩いてコロコロ ついに集大成

ミャンマーと協定締結

箱根町と小田原・大磯星槎グループ

ミャンマーと協定締結

5月11日号

歩道接続に向け拡幅

ススキ草原県道75号

歩道接続に向け拡幅

4月20日号

「湯河原支店」発着のべ35回

スルガ銀行、今年も自転車イベント

「湯河原支店」発着のべ35回

4月20日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年5月25日号

お問い合わせ

外部リンク