箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2013年1月25日号
  • googleplus
  • LINE

海自護衛艦などを手掛ける造船会社が施工 6代目海賊船デビュー

くす玉が割れ、拍手に包まれて水面へと動くロワイヤルII
くす玉が割れ、拍手に包まれて水面へと動くロワイヤルII

 6代目となる箱根観光船の新造船(長さ35m・定員565人)が、17日に桃源台で進水式を迎え、赤い船体が支綱(しこう)カットとともに水面へと動いていった。18世紀にフランス艦隊の旗艦として活躍したフランスの軍艦「ロワイヤル・ルイ」をモデルにしたデザインで、建造費は約10億円。自衛隊の護衛艦や輸送艦なども手掛けるジャパンマリンユナイテッド(株)(本社・東京都港区)が昨年9月から箱根桃源台で工事を進めていた。命名は「ロワイヤルII」。船長はビクトリー号の船長も務めた室伏岳文さん(39歳・町内在住)が就任した。進水後は内装工事や試験を行い、3月20日の就航に向けて準備を進める。特別船室内部は中世フランスの宮殿風に仕上げ、船員の人形や舵輪、トリックアートなどを配置、撮影ポイントを盛りこむ。渡辺浩司社長は「また乗りたい海賊船、がコンセプトです。感動を味わってほしい」と話していた。
 

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6件

安藤さん、見ててね

撤去の塀にも思い出

「未病」拠点の出足好調

大井町ビオトピア

「未病」拠点の出足好調

7月6日号

地元愛をTシャツに

ホテル犬ハル引退

タイの市長40人が真鶴に

町の福祉計画に質問続々

タイの市長40人が真鶴に

7月6日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク