箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2013年4月19日号
  • googleplus
  • LINE

宮城野橋でよいしょ 年に1度の山車が町めぐる

60人ほどの地域住民が代わるがわる引く タイヤが愛らしい
60人ほどの地域住民が代わるがわる引く タイヤが愛らしい

 箱根町宮城野の諏訪神社で15日まで例祭が行われ、宮城野囃子保存会の子供たちを乗せた山車が、軽やかな音色を響かせながら地域を巡った。年に1度だけ登場するこの山車は大正天皇即位を記念して当時の宮城野村民が作ったとされ、木製の車輪をタイヤに替えるなどして受け継がれている。

 総代会長の瀬戸弘之さんは「頑丈なケヤキ製で重いが、子供たちが頑張ってくれた」と話していた。
 

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク