箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2013年9月20日号
  • googleplus
  • LINE

真鶴 夜も光る避難表示 町内18カ所・海抜10m地点に設置

真鶴港近くの階段に立った表示
真鶴港近くの階段に立った表示

 真鶴町で先月中旬、港や海岸の近くの道路脇などにポール型の海抜表示(10m)が続々とお目見えした。高さは80cm、すべて蓄光型で夜間に地震や津波に見舞われても目立つのが特長だ。

 ポールが設置されたのは海岸線近くの18カ所。さらに今月末にかけて、ポール近くの地面にシート型の避難誘導表示(18カ所)も貼る予定。これも蓄光で日暮れ後に12時間ほど光るという。すでに町内には電柱の側面に海抜表示がついているが、東日本大震災の後から複数の町議が夜間の被災や暗闇の中での避難の難しさを指摘、夜間の避難訓練なども提案していた。町によると今回の設置費用は18カ所で200万円弱という。

 隣の湯河原町では震災後海抜表示板(海抜を3色分け表示)が70カ所以上増設されたが、9月議会の一般質問では議員から蓄光表示やソーラーパネルを使ったLED発光型表示の導入を求める声も上がっている。
 

道路に貼り付ける避難表示の一例。同様のシート型蓄光表示はすでに逗子市が導入しており、今年度32カ所に設置するという。
道路に貼り付ける避難表示の一例。同様のシート型蓄光表示はすでに逗子市が導入しており、今年度32カ所に設置するという。

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6件

安藤さん、見ててね

撤去の塀にも思い出

「未病」拠点の出足好調

大井町ビオトピア

「未病」拠点の出足好調

7月6日号

地元愛をTシャツに

ホテル犬ハル引退

タイの市長40人が真鶴に

町の福祉計画に質問続々

タイの市長40人が真鶴に

7月6日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク