箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2014年5月2日号 エリアトップへ

故ルイ・フランセン氏 自宅近くで初の作品展

掲載号:2014年5月2日号

  • LINE
  • hatena
湯河原駅改札のステンドグラスも同氏が原画を描いた
湯河原駅改札のステンドグラスも同氏が原画を描いた

湯河原を拠点に創作

 湯河原に暮らしたパブリックアート作家、ルイ・フランセン氏(故人)の作品展が町立湯河原美術館で開幕した。同氏はクレアーレ熱海ゆがわら工房の所長だった人物。会場には作品にスポットがあてられ、鮮やかな光を透かせている。

 フランセン氏はベルギー出身で57年前に宣教師として来日。すでに身につけていたステンドグラスなどの製作技術を生かし、教会の壁画などを手掛けた。その後は東京芸大で学び、非常勤講師となり学生を指導。37年前にクレアーレの所長に就任、湯河原温泉にある工房を拠点に作品の数々を生み出し、2010年に81歳で世を去った。

全国に点在

 同氏の作品は全国に点在しており、近隣ではJR藤沢駅(陶板レリーフ)やみなとみらい線新高島駅(ステンドグラス)でも見る事ができる。足立区湯河原保養所(現・水の香里)やホテルあかねなどの作品も手掛けた。「宣教師だったせいか、ユーモアあふれる人だった。素材を生かした表現にこだわり、決して譲らない所もあった」。そう振り返るのはクレアーレで一緒に働いた望月直登さん(65)。妻のみちよさん(62)は「まさか地元で展覧会を開いてもらえるとは。本人も喜んでいるはず」と話す。同氏は毎朝万葉公園近くの自宅から駅まで英字新聞を買い行くのが習慣で”ユニークな外人さん”として近隣住民に親しまれていたという。
 

ルイ・フランセン氏=クレアーレ提供
ルイ・フランセン氏=クレアーレ提供
鮮やかに光を透かす=湯河原美術館
鮮やかに光を透かす=湯河原美術館

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

宇宙に輝く「勝俣隆」

宇宙に輝く「勝俣隆」 社会

箱根出身・功績たたえ小惑星に命名

5月1日号

蘇るか彫刻の祭典

真鶴町

蘇るか彫刻の祭典 文化

来年の五輪に合わせ、今秋にも公開制作

5月1日号

創始者が一万円札に

創始者が一万円札に 文化

箱根温泉供給(株)のルーツ「耕牧舎」創立

4月19日号

漫画でわかる土肥実平

漫画でわかる土肥実平 文化

 武者行列で初配布

4月19日号

湯河原の由来も万葉集

湯河原の由来も万葉集 文化

「令和」に驚きと期待

4月5日号

「あかり」大槌町に出張

湯河原明店街マスコット

「あかり」大槌町に出張 文化

復興中の末広町商店会と交流

4月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク