箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2014年7月25日号 エリアトップへ

31日「湖水まつり」を主催する元箱根観光協会の新会長になった 平井 規之さん 元箱根在住 49歳

掲載号:2014年7月25日号

  • LINE
  • hatena

湖を遊び尽くした少年時代

 ○…碧い芦ノ湖に映える大鳥居に富士山、いつも目にするこの構図が好きで「1人でも多く、1秒でも長く元箱根に滞在してほしい」と熱心だ。もうすぐ花火で湖が輝く「湖水まつり」。少年時代はお囃子で盛り上げ、青年会時代は祭りに欠かせない灯籠づくりに加わった。年齢も職業も様々な人の輪に囲まれるようになり、最近は若手メンバーを中心に町の活性化にも着手。箱根神社の門前町としての歴史を活かした「神社参道(どおり)」プロジェクトでは、特注のチラシを手折りして配っている。

 ○…箱根小のころは帰宅すると「ただいま」の4文字を言い終わる前に姿を消した。行先は芦ノ湖。ボートを借りて日没までワカサギやマスを釣っていると陸から「早く帰れ」の声が。「はなたれ少年でしたね。何度湖に落ちた事か」。身服をめくるとあちこちに、怪我して縫った跡も残る。小学校でのめりこんだのは「算数」だった。その理由は「答えがたったひとつしかない」という明快さ。毎日与えられた宿題のおかげで算数好きになり、理系進学校だった東海大三高(長野県)へ進学。東海大では風力発電の研究に加わり、実験に明け暮れた。その結果は「風車のプロペラの羽は3枚が効率的」―といった内容。「たまに3枚羽の風車を見かけますけど、実験は正しかったんだなぁ」。

 ○…家業は酒販店。毎日湯本〜湖尻を走り回り、重い酒のケースを旅館に担ぎこむ。手の指は腫れたように太く、身体の各パーツが筋肉質だ。二女の父で、お手本としているのは5年前に他界した父・貞良さん。「頑固一徹で朝から晩まで働いて無口だった。その反動でオレは」。こんな気さくな語り口だから、若手メンバーがとっつきやすい。毎晩こつこつ準備をしながら語り合う。「受け継いだ良さに新しいアイデアを組み合わせたい。地域資源はありますよ」。かつて湖畔を思い切り駆け回った経験者。言葉に説得力がある。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク