箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2014年8月29日号
  • googleplus
  • LINE

小田原食品衛生協会青年会員支部の初代支部長に就任した 田村 洋一さん 箱根町強羅勤務 49歳

信念の花咲かす

 ○…「食に携わる人は白衣が基本」の自論を持つ。箱根、湯河原、真鶴3町と小田原市の飲食店や生鮮食品店約2000店が加盟する小田原食品衛生協会。プロとして、安全な食品提供に努める一方、事業者だけでなく一般消費者にも衛生管理の意識向上を促す活動を行っている。今年で創立63年目の会で、以前から持ち上がっていた青年会員支部の設立。先輩たちの経験を素地に、「仲間とスクラムを組んで進みたい」と、若い行動力で活性化に向け、発進した。

 〇…強羅の「田むら銀かつ亭」の代表取締役。父が知人から任された料亭を、2代で大きく育ててきた。勤続10年を超えるベテランのスタッフ陣にも恵まれ、順風満帆にみえるが「まだ発展途上。100年企業に育てたい」と現状に甘んじることは決してない。

 〇…幼少時は、取っ組みあいの喧嘩をするガキ大将。母が自分の後ろを「謝り歩いているような感じ」と、やんちゃだった当時を懐かしむ。小学4年で始めた剣道は、口より先に手が出る息子に礼儀を学んでほしいという母の思惑か。「まんまとそれに乗って、ちょっとは落ち着いたんだけどね」といたずらっぽく笑う。

 〇…西湘高校の同級生と28歳で結婚。一男一女に恵まれた。PTA活動がきっかけで増えた、地域の子どもとの接点。夜のパトロールで毎日見かける少年がいた。煙たがられながらも声をかけ続けると、いつしか言葉を交わせるようになった。「頭ごなしに怒ってはダメなんだ」。待って、子どもの心に寄り添うことを知る。昨夏に続き、中高生を被災地に連れて行く取組みにも奔走。真剣に接すれば応えてくれる子どもたちと向き合い続けている。

 〇…お気に入りの扇子にしたためられた「生きるとは心にあつい火を点じ炸裂る夢を咲かすこと」の言葉を胸に、何事にも常に全力投球。エネルギッシュに周りを巻き込みながら、大輪を咲かす。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6件

青木 里美さん

関東ブロック商工会女性部の主張大会に出場した

青木 里美さん

7月20日号

小松崎 和夫さん

小田原剣道連盟の会長に就任した

小松崎 和夫さん

7月6日号

折橋 大貴さん

箱根町で「朝粥の会」を開いている

折橋 大貴さん

6月22日号

大島 星子さん

20日10時半から湯河原の図書館で「みみずく大人のおはなし会」に出演する一人

大島 星子さん

6月8日号

菊原 慶太さん

真鶴町商工会青年部の部長になった

菊原 慶太さん

5月25日号

鈴木 公子さん

5月12日の真鶴豊漁豊作祭で舞う「焼亡の舞保存会」会長を務める

鈴木 公子さん

5月11日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月20日号

お問い合わせ

外部リンク