箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2014年9月12日号 エリアトップへ

コンビニで人気「ランチパック担々やきそば風」を監修した担々やきそば会の会長 河本 志雲さん 湯河原町土肥在住 80歳

掲載号:2014年9月12日号

  • LINE
  • hatena

酸いも甘いもピリ辛も

 ○…言わずと知れた湯河原町のピリ辛B級グルメ「担々やきそば」。このメニューを出す17店舗で作る会の会長となり、西は姫路、北は青森と、直売イベントを駆け回ってきた。4年前に誕生した時から我が子同然に愛情を注いだメニューが先月、山崎製パンの「ランチパック」として発売されることに。先日「担々」のルーツでもある狸福神社に地元への感謝をこめ、会で由来板を奉納した。「ここのところ良いことばかり。ご利益かなぁ」。

 ○…東京・目黒生まれで、戦火を逃れるため茨城に疎開、家族で林を伐り開いて畑を耕した。空襲で米軍機の掃射に見舞われた恐怖の記憶を、ほのぼのとした口調でつむぐ。当時は食糧不足でオオバコの葉などを口に入れた。日が暮れると母が「ご飯だよ〜」と呼びに来る。帰ってみると細い芋しかない。「なんで『芋だよ〜』って言わないの?」。思わずぐちをこぼし母を泣かせてしまった。10年前に亡くなる前、自分が作ったシウマイを「おいしい」と食べてくれた事が忘れられない。中学を出るとチャルメラを吹いて屋台を引いた。夜の仕事では屋台をひっくり返すお客さんなど濃い面々に出会ったという。その後経営者の意向で湯河原に移ることになり、独立を果たした。

 ○…「担々」と同様に情熱を注いでいるのが将棋。出前に行った先で将棋を見たら最後、店に帰れなくなる。過去に高校生を集めて将棋大会を開いたが、用意した優勝カップを手にしたのは自分自身。将棋道場の名を彫った看板が、店先に裏返して置いてあった。「ここに道場破りが来るといけないから」。湯河原の味を求め、遠くは沖縄からお客さんが来る。ただでさえ忙しい店を休んでも「担々」イベントには駆けつける。灼熱の鉄板に立ち向かい、熱中症で搬送されたことも。苦労の連続も「ピリ辛」な思い出話に調理。この御仁はどんな隠し味を持っているのだろう。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

村瀬 公大さん

(公社)小田原青年会議所(JC)第62代理事長に就任した

村瀬 公大さん

湯河原町在住 38歳

1月11日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク