箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

箱根でもシカ増加「情報求む」 環境省が呼びかけ 食害も調査中

社会

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena
昨年5月、仙石原で見つかったシカ写真提供:環境省箱根自然環境事務所
昨年5月、仙石原で見つかったシカ写真提供:環境省箱根自然環境事務所

 箱根の環境省事務所が2ヵ月前からシカの目撃情報を集め始めた。町内ではここ数年シカが増えつつあり、詳しい数や、植物への影響などを把握するのが目的。専用サイトを作り、チラシ千枚を町内に配って情報提供を呼びかけている。

 箱根では江戸〜明治期に狩猟でシカが減少したが、伊豆や丹沢で生き残った集団が増えたせいか箱根でも再び見られるようになった。 丹沢ではシカの食害で土壌流出などが深刻化。草がなくなると樹木の皮も食べられる。東丹沢ではヤマビル拡散の一因となっており、一部の登山道では湿地で休憩するだけでヒルが靴を這い上がり、靴下の隙間に入り込む。ゴムのように強靭で踏んでも死なない。

 箱根ではこうした状況には至っていないが、仙石原湿原などには貴重な植物群落もある。同事務所では町内5カ所で植生の調査も始めており、10平方メートルほどの調査区画を囲んで、内側とシカと外側を比較。シカが食べる外側の方が植物の少なく、芦ノ湖西岸や三国峠付近では差が顕著という。また猟友会を通じてシカの血液サンプルも採取しており、DNAを通じて流入元も特定する構えだ。

 詳しい結果が出るのはまだ先だが、同省や県、町ではすでに湿原を長い柵で囲むといった対策など検討している。高橋啓介所長は「植生が変われば昆虫にも影響し環境全体が変わってしまう。ひどくなる前に把握したい」と話している。

ネットで受付中※サイト内にアンケート有
ネットで受付中※サイト内にアンケート有

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

宇宙に輝く「勝俣隆」

宇宙に輝く「勝俣隆」 社会

箱根出身・功績たたえ小惑星に命名

5月1日号

蘇るか彫刻の祭典

真鶴町

蘇るか彫刻の祭典 文化

来年の五輪に合わせ、今秋にも公開制作

5月1日号

創始者が一万円札に

創始者が一万円札に 文化

箱根温泉供給(株)のルーツ「耕牧舎」創立

4月19日号

漫画でわかる土肥実平

漫画でわかる土肥実平 文化

 武者行列で初配布

4月19日号

湯河原の由来も万葉集

湯河原の由来も万葉集 文化

「令和」に驚きと期待

4月5日号

「あかり」大槌町に出張

湯河原明店街マスコット

「あかり」大槌町に出張 文化

復興中の末広町商店会と交流

4月5日号

吉浜交番が連絡所に

吉浜交番が連絡所に 社会

 署員の安全など考慮 4月に変更

3月22日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク