箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

伊勢神宮の古材で鳥居 報徳二宮神社

文化

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena
境内に展示されている古材
境内に展示されている古材

 報徳二宮神社(草山明久宮司)に今春、伊勢神宮から譲り受けた古材を利用して新たな鳥居が建立される。同神社はこの機会に日本の文化について親しんでもらおうと、製作にあたって市民の参加も呼び掛けている。鳥居の新設は、昨年に創建から満120年を迎えた記念事業の一環として行うもの。これに際して、一昨年に伊勢神宮で執り行われた式年遷宮の古材を活用しようと、譲与を申し入れていた。小田原城址口に新設される鳥居は、高さ4・2m、幅5・6m。製作には小田原地区木材業協同組合や小田原林青会、地元の大工らがあたり、4月上旬頃の完成を予定している。また、多くの人に神社や木の文化に親しんでもらう機会にしようと、同神社は「みんなの鳥居プロジェクト」を企画。2月下旬まで境内に古材を展示するほか、鉋がけなどの作業に参加する市民も募っている。草山宮司は、「神社と木の文化は昔から深い関係がある。小田原や足柄は、昔から寄木や木工業が盛んな地域。かつて二宮尊徳翁が『徳』という言葉を使ってその土地の長所を引き出したように、この事業を郷土の良さを再認識してもらう機会にしてほしい」と話している。製作作業は1月18日、25日、2月15日、22日の日曜日に開催。小学生以上が対象で、所要時間は各回約2時間半。作業内容は開催日により異なる。参加費は各回千円(奉納札付き)。要事前予約。

 申込み、問合せは報徳二宮神社【電話】0465・22・2250。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

思い継ぎ「讃える会」

箱根を愛したケンペル・バーニー

思い継ぎ「讃える会」 文化

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク