箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年2月13日号 エリアトップへ

28日に「夢と起業の実現」をテーマに講演 青色申告会の真鶴支部長 青木 智子さん 真鶴町在住 72歳

掲載号:2015年2月13日号

  • LINE
  • hatena

思い立ったら一途

 〇…写真撮影で自然な笑顔を引き出すのは意外と難しいのだが、この人はシャッターを楽しむタイプで「何事も笑うが勝ちよ」。青色申告会真鶴支部の”顔”はとことん明るい。

 〇…実家は湯河原町の農家。小さい頃は忙しい両親にかわって、祖父が本を読み聞かせてくれた。「地球の裏側にも国がある」と教えられると、スコップを手に夢中になって穴を掘ったという。ミカンの収穫シーズンになると東北からも働き手が集まるため、家にいながら様々な地方の大人たちと交流した。垣根なく語り合う性格は今も変わらず、人を惹きつける磁力になっている。湯河原小・中、そして旧城内高校を卒業し、真鶴町に嫁いだ。

 ○…思いついたら行動に移す性格。農家育ちという事もあり、子育て中は色鮮やかすぎる漬物などを通じて、食品添加物に着目。食べ物に敏感になり、公民館で手づくりお菓子の講習会を開いた事も。バブル期にマンション計画が続々と持ちあがると「八日市」を開いて収益の一部を町に寄付し始めた。緑地保全を通じて乱開発を止める事が目的だった。開催は10年で計120回に達し、仲間は20人に増加。流し続けた汗はその後、町の景観条例「美の基準」にも結びついた。

 ○…駅の近くでリサイクルショップを経営し、店番をしながら町おこしイベントに携わる。最近は「青色まつり」の準備に忙しい。「地元の魅力を発信しよう、地域でお金をまわそう」という9年前の思いが「まつり」の原点。以前に手作りパンを出品した個人が店舗をオープンさせるなど、地域の魅力が育つ場にもなっている。

 〇…28日には「夢と起業の実現」をテーマに情報センターで講演し、これまでの活動を交えて語る予定だ。「どんな事も最低10年は続けないと。いつも私は言いだしっぺで、仲間の助けがほとんどだけどね」。言葉はシンプルながら確固。小さな町に清々しく響く。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

村瀬 公大さん

(公社)小田原青年会議所(JC)第62代理事長に就任した

村瀬 公大さん

湯河原町在住 38歳

1月11日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク