箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2015年6月26日号 エリアトップへ

貴船まつり 小早船の後継者を育成へ 実行委が組み立てなど一から指導

文化

掲載号:2015年6月26日号

  • LINE
  • hatena
進水後に船の中で揺らす人も必要
進水後に船の中で揺らす人も必要

 国指定重要無形民俗文化財の貴船まつり(7月27・28日開催)が、後継者不足に直面している。会場で一際目立つ「小早船」の組み立てや操船の担い手を育てようと、実行委員会が今年から保存会員を募集し始めた。小早船は普段は貴船神社の倉庫に納められており、何日もかけて彫り物や提灯、花などで飾られる。こうした伝統の技の数々は難易度が高く、しかも「口伝」で伝えられてきた。進水後は水夫が船内から左右に揺らす習わしがあり、本来は1操船に10人ほどが必要になる。昨年までは漁協関係者が協力していたが、それでも人手が足りなかった。募集窓口の観光協会も「安全な航行には支える人が欠かせない。まつりの花形を担ってほしい」と切実だ。7月の大安から組み立てが始まり、29日の片づけまで、初心者にも一から指導するという。申込みは観光協会【電話】0465・68・2543。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク