箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2016年2月12日号 エリアトップへ

WBSC U-18ベースボールワールドカップに出場した 勝俣 翔貴さん 箱根町出身 18歳

掲載号:2016年2月12日号

  • LINE
  • hatena

最高のピンチ味わえた

 ○…清宮、オコエ、小笠原など、スポーツ紙を賑わす選手たちとともに昨年のU-18日本代表に選ばれた。猛者揃いのチームで4番を打ち、日本勢第一号のホームランを放つ大活躍。「メンバーはお互い会ったばかりなのに、すぐ一つになれました。みんな上手くて、楽しさが全然違うんです」。自分の成績というより、プレーの醍醐味が忘れられないらしい。髪も伸びたせいかマウンドに立っていた時とは別人のよう。

 ○…箱根の森小出身で、当時の遊び場といえば彫刻の森。週末になると塔や網のオブジェによじ登り、時間をかけて昼寝するのが好きだった。父・雅樹さんが高校球児だった影響で小さい頃から草野球に同行し、小学校で箱根フリッパーズに、箱根中時代に小田原足柄シニアに入った。県内でも指折りの名門チームで、ノックも飛距離も走る量もぐんと増えた。猛練習の末、2年生の時に全国大会ベスト8を記録。当時大舞台を経験したせいか今まで試合で緊張した事がないという。

 ○…高校は東海大菅生(東京都あきるの市)に進み、寮生活になった。「箱根みたいに山があるので、落ち着くんです」。部員が100人以上という大所帯で、1年生からレギュラー出場、中でも忘れられないのが昨夏の西東京大会、決勝の対早実戦だ。一球投げるごとに大歓声が沸き、甲子園まであと一歩という8回に逆転された。苦い経験を味わうように「ピンチの中でプレーでき、良い経験でした。もう怖いものはありません」とにっこり。

 ○…ドラフト指名は確実と思われたが、上位で名前は出なかった。すぐに練習場へ向かい、悔しさを振り払うようにバッティング練習に明け暮れた。「もっと修行して来い、と神様が言っているのかも。野球ができなくなった訳じゃないですから」。国際武道大(千葉)進学を決め、再び髪も短くなりそうだ。目標は4年後の1位指名。視線はもう未来を見定めている。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク