箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2016年5月27日号 エリアトップへ

29日に檜ホールで演奏会を開く「クワイア・ジョイ」の代表を務める 狩野 宣子さん 湯河原町土肥在住 73歳

掲載号:2016年5月27日号

  • LINE
  • hatena

全身全霊で、ひとつに

 ○…町音楽祭や小田原市民合唱祭など、町内外で活動する「クワイア・ジョイ」の代表。もうすぐ30周年の節目ともいえる、檜ホールでの公演。使い込んだ楽譜をひらくと「声を口の奥に移す」「ブレス」「歯をとがらす」などのメモが書きこまれていた。単に喉で声を出すのではなく、体全体をひとつの楽器として奏でる、そういう意味も「演奏会」のタイトルに込めた。「作詞・作曲者の思いを客席に伝えたい。いい歌詞があると、歌いながら涙が出ちゃうこともあります」。

 ○…故郷は横浜・本牧。当時は自宅近くに進駐軍の住宅が広がっていた。父・校(ただし)さんは警察官だったが終戦間際に出征し、2歳の頃に戦死。母・いわこさんは洋裁が得意で、キューピー人形のために小さな布団を作ったり、洋服を縫ってくれる優しい人だった。その母も体が弱く、中学生の時に他界してしまう。「学校近くの夏祭り会場で歌っていたのが、磯子出身の美空ひばりだった」。映写機を少しずつ回すように思い出をたどった。 

 ○…高校を卒業後は長い間企業の経理で働き、今でも非常勤業務で都内の企業に通う。20年前に買ったワープロが仕事の相棒だ。「今のパソコンは機能が多すぎ」と敬遠するのに「一太郎」や「書院」といった懐かしい単語が次々と出る。湯河原のマンションへ移住したのは10年前。「窓から見た千歳川と泉地区が1枚の名画のようで決めました。河岸には鳥もやってくるし、雨上がりの景色もきれい」。

 ○…移住後、念願だったコーラスを始めようとクワイア・ジョイに参加して10年。教会の礼拝堂で練習していると指揮者が天を指さし「倍音(ばいおん)が聞こえる」と言う時がある。単に声を合わせたのではなく、耳に聞こえない何かが共に響く、本当のハーモニーだ。クワイア・ジョイとは、歌う喜びが歌い手と聴き手を包む状態を意味するという。本番で神々しい一瞬は到来するのか。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク