箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2016年7月22日号 エリアトップへ

箱根・ヒメハルゼミ 初鳴き半月ほど早く

文化

掲載号:2016年7月22日号

  • LINE
  • hatena
抜け殻は約1・3〜4cmと小さめ 収集に協力した湯本小学校の児童
抜け殻は約1・3〜4cmと小さめ 収集に協力した湯本小学校の児童

 箱根湯本の早雲寺林で7日と8日にNPOの早雲寺ヒメハルゼミの会が観察会を行い、地元の小学生など38人が抜け殻を集めた。

 ヒメハルゼミはギーオギーオと1匹が鳴くと、続けて合唱するように複数のセミが鳴くため「勤行ゼミ」とも呼ばれる。大涌谷の噴火や春先に大雪のあった昨年(75個)に比べ今年は123個と増えた。初鳴きは例年より半月ほど早い6月17日。同NPOによると早まった理由は不明という。

 ヒメハルゼミは町の天然記念物で、早雲寺林は県内でも希少な生息域。同NPOは22年ほど観察を続けているが、林の西側では約10年前から抜け殻が見つからなくなった。同NPO副理事長の川崎英憲さんは「マンションが建った頃から変化した。原因は不明だが林床の乾燥や光の影響など昆虫全般に大きな影響があったのでは」と話している。

羽化すると3cm〜4cmほどに=早雲寺ヒメハルゼミの会提供
羽化すると3cm〜4cmほどに=早雲寺ヒメハルゼミの会提供

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

思い継ぎ「讃える会」

箱根を愛したケンペル・バーニー

思い継ぎ「讃える会」 文化

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク