箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年9月8日号
  • googleplus
  • LINE

江戸時代の小田原藩主 稲葉一族の墓元通りに

社会

 徳川家光が敬愛した春日の局と江戸時代初期の小田原藩主・稲葉正勝が眠る長興山紹太寺(入生田)で10日(日)、『墓前祭』が行われる。午前10時から11時。

 同寺では3年ほど前に巨木が倒れ、春日の局と稲葉一族の墓所が倒壊した。住職の武内徳昭さんは「巨木の撤去や墓石の積み直しには、作業時間や費用など、想定以上の課題があった」と話す。約2年の間、手つかずの状態が続いたが昨年7月、市民ボランティアや市文化財課の協力を得て修復作業を開始。8月末、元の姿を取り戻した。『墓前祭』は誰でも参拝可能。当日、参拝した人には大般若札が進呈される。参拝には公共交通機関を利用のこと。詳しくは紹太寺【電話】0465・22・7760まで。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

「隠れ待機」明らかに

硫黄効果で毛並GOOD

大涌谷にくまモン

硫黄効果で毛並GOOD

1月12日号

6秒刻み大会新

高校男子、湘南工科大付高 真鶴半島駅伝大会

6秒刻み大会新

1月12日号

箱根・富士の地殻データ活用

御殿場市がJAXAと提携

箱根・富士の地殻データ活用

1月12日号

スギ花粉「昨年の5倍」

点火まで準備万端

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク