箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年9月22日号
  • googleplus
  • LINE

ゆがわらハロウィン2017の実行委員長 小林 和正さん 湯河原在住 42歳

ぶ厚い胸で受け止める

 ○…湯河原っ子たちが心待ちにする「ゆがわらハロウィン」は今年で3年目。凝りに凝った仮装コンテストが見ものだが、裏方や会場運営スタッフたちはステージを見るチャンスはほとんどない。「いつか見たいと思っていた舞台が、審査員として見られる」と目を細くした。商工会青年部がゼロから作り上げたイベントは当初「ハロウィンとは何か」という正解のない議論から始まり、時には熱のこもった言い合いもあった。「次の実行委員長」の指名を受けたのは前回の打ちあげの時。先輩たちの苦労を何度も見てきた分、すぐに首を縦にふれなかった。

 ○…目玉となる仮装の参加者は昨年、人集めに苦戦。前回賛否両論だった舞台上のパフォーマンスをやめ、より参加しやすく仮装のみのコンテストに軌道修正した。手作りイベントゆえに手間暇はかかる。取材中も携帯に仲間からはメールや電話、これ以外にLINE上で無数のやりとりも。「何かあればすぐ報告」とコミュニケーションをいとわない。誰もが仕事や家庭をもち、それらとは別に汗をかく。だからこそ準備の後には必ず飲みに出るという。「馬鹿みたいに仲間とで話してね。最後は『楽しかった』と締めくくりたい」。

 ○…実家は理容店だったが、20歳の頃にたまたま近所の石材会社に就職し、修行を経て6年前に独立した。お墓の建立の際は施主と打ち合わせを重ね、故人の趣味や思い出を盛り込みながら設計図を引く。いつか聞いた「ありがとう」の一言がやりがい。「一般的に儲かる仕事の方が良いのかもしれないけれど、人の気持ちを形にして、感謝してもらえるんですから」。ずっしりとした腕や肩は、石相手の日々に鍛えられて逞しい。趣味はバイクなのに肝心の車体を買わず、大型免許を更新するばかり。「憧れのハーレーにまたがって、地元の椿ラインを駆ける」。自分の夢は頭の片隅に、いまは自分以外の笑顔の事で頭がいっぱいだ。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6件

荒木 信広さん

10代の悩み相談室の開設に向けて準備を進めている

荒木 信広さん

2月9日号

小澤 健一さん

湯河原町で凧づくり指導を続ける最古参の青少年指導員

小澤 健一さん

1月26日号

加藤 好一さん

13日(土)の昼に点火、岩どんど焼き保存会の会長を務める

加藤 好一さん

1月12日号

室伏由美子さん

総務大臣表彰を受けた「湯河原録音奉仕会」で代表を務める

室伏由美子さん

12月15日号

田中 良宏さん

芦ノ湖グリーンカップの実行委員長で県モーターボート連盟会長を務める

田中 良宏さん

12月1日号

小林 良夫さん

ゆがわらハロウィン2017優勝の大型衣装を作った

小林 良夫さん

11月17日号

<PR>

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月9日号

お問い合わせ

外部リンク