箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年10月20日号 エリアトップへ

豊かな森裏づけ、周知は控えめ 箱根でもツキノワグマ確認

社会

掲載号:2017年10月20日号

  • LINE
  • hatena
ターンパイクから見た白銀山方面
ターンパイクから見た白銀山方面

 箱根町畑宿の山林(白銀山付近)で、4ヵ月ほど前にツキノワグマが現れたことが、このほど私立大関係者のセンサーカメラの画像を通じて判明した。データを整理していたところ、クマが写っていたことが判明、先月下旬に県側に連絡が入ったという。

 箱根でのツキノワグマの目撃情報はゼロではない。27年には運転中の仔グマ目撃(元箱根)、ハイキング中(湯坂道)の糞の目撃情報が寄せられているが、爪で引っ掻いた痕跡など明らかな証拠が見つからなかった。隣市の南足柄市では5年前、千津島地区で仔グマが捕獲され、丹沢の奥地に放たれた事がある。

 ツキノワグマは県レッドデータ(2006年)で絶滅危惧I類とされており、丹沢に約30 頭が生息していると言われる。丹沢など県の北側で遭遇や目撃例が多い一方、箱根以南の湯河原や函南、伊豆半島では断定的な情報がなかった。

 クマのはく製などを展示する町立森のふれあい館(箱根)の職員は「クマは危険というイメージもあるが、ツキノワグマは植物を食べ種を遠くに運び、森を広げる役割もある。クマがいるという事は、その種を維持できるほど森が豊かなのでは」と話す。

 大学関係者が県に提供した画像には、はっきりと黒いクマが写っている。仔グマではないとみられ、1頭か複数かどうかは不明。町は今月2日に注意を呼びかける看板を畑宿の清流公園近くに設置したが、ハイカーや観光客に積極的な広報はしていない。同課は「山に入る前に県のクマ目撃情報を確認し、鈴を鳴らすなど出会わないよう注意してほしい。ケースバイケースだが、万が一熊に出くわしても騒ぎ立てず立ち去る事が大切」と話している。

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6

宇宙に輝く「勝俣隆」

宇宙に輝く「勝俣隆」 社会

箱根出身・功績たたえ小惑星に命名

5月1日号

蘇るか彫刻の祭典

真鶴町

蘇るか彫刻の祭典 文化

来年の五輪に合わせ、今秋にも公開制作

5月1日号

創始者が一万円札に

創始者が一万円札に 文化

箱根温泉供給(株)のルーツ「耕牧舎」創立

4月19日号

漫画でわかる土肥実平

漫画でわかる土肥実平 文化

 武者行列で初配布

4月19日号

湯河原の由来も万葉集

湯河原の由来も万葉集 文化

「令和」に驚きと期待

4月5日号

「あかり」大槌町に出張

湯河原明店街マスコット

「あかり」大槌町に出張 文化

復興中の末広町商店会と交流

4月5日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク