箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2017年12月15日号
  • googleplus
  • LINE

総務大臣表彰を受けた「湯河原録音奉仕会」で代表を務める 室伏由美子さん 湯河原町宮上在住

ありのまま 伝えて39年

 ○…宮下会館内の一角に、赤く光る「録音中」の表示。その扉の向こうには録音奉仕会が歩んできた約40年の歴史がある。戸棚には録りためたカセットテープがぎっしり。視覚障がい者である『テープ読者』は高齢者が多いため、今もCDやパソコンは使っていない。町の広報や小説など、読者のリクエストに応えてさまざまなジャンルを読んできた。昔は湯河原温泉では多くの視覚障がい者がマッサージの仕事に携わっていたため『読者』も多かった。今の課題は、読者と録音する側の高齢化。奉仕会の内部では、お互いの年齢を語らないのがお約束だ。

 ○…出身は富士川が流れる山梨県・南部町。小学生の頃は祖母に連れられて近くの古刹、日蓮宗総本山・久遠寺に出かけては「お祖師さん」(日蓮)の生涯を描いた絵の前で、祖母の解説を聞くのが常だった。身延高校時代は演劇部員、家庭をもってからは読書会員。語りにちなんだ経験が、今の録音奉仕活動を紡いでいるのかもしれない。みかん農家だった夫・美幸さん(故人)と結婚し、湯河原に移った時は温泉の質に感激したという。二人で建てた家は、家事がしやすいよう台所の蛇口からも温泉が出る。「切り傷も治りが早いの」と目を大きくした。玄関には今も美幸さんの表札を掲げている。

 ○…録音の日は町を歩きながら「アエイウエオ…」と発音練習するのが習慣。花火大会や観光イベントも『読者』に伝えるため、マイク持って駆けつける。来場者の生の声を録り集め、みずからも語る。「綺麗」「素敵」といったありきたりの言葉は避け、ありのままを伝えるのがこだわり。冬を伝える時は氷柱の長さを、紅葉であれば葉の大きさ、色や落ち方もそれぞれ。時折、犬の吠える声や物音が混ざってもあえて録り直さない。「それが面白い、という人が多いから」。聴いていると情景が浮かぶように――長年の目標はいつも目を閉じた先にある。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6件

大島 星子さん

20日10時半から湯河原の図書館で「みみずく大人のおはなし会」に出演する一人

大島 星子さん

6月8日号

菊原 慶太さん

真鶴町商工会青年部の部長になった

菊原 慶太さん

5月25日号

鈴木 公子さん

5月12日の真鶴豊漁豊作祭で舞う「焼亡の舞保存会」会長を務める

鈴木 公子さん

5月11日号

川瀬 良幸さん

4月1日付けで神奈川県県西地域県政総合センターの所長に就任した

川瀬 良幸さん

4月20日号

大貫 誠さん

幅20mの大型ステンドグラス作品の制作に携わった

大貫 誠さん

4月6日号

阿部 剛さん

テレビ番組や地域イベントなどに出演する

阿部 剛さん

3月9日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年6月8日号

お問い合わせ

外部リンク