箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年1月12日号
  • googleplus
  • LINE

箱根ホテル小涌園 「ここは私の歴史です」 名残り惜しむ宿泊客

経済

最終日の10日、玄関ロビーに並んだ従業員
最終日の10日、玄関ロビーに並んだ従業員
 箱根ホテル小涌園(224室)が10日に約60年の歴史を閉じ、スタッフが最後のチェックアウト客を見送った。ロビーには開業当時の写真などが貼り出され、ホテルのルームキーとセットだった「キータッグ」を外して宿泊客に贈った。前夜は以前から宿泊予約が入り、約400人が最後の一晩を過ごしたという。

 高校生の頃から訪れ、家族で何度も泊まったという遊佐清美さん(71)は「ここは我が家の、私の歴史です。昨晩は館内を巡りました」と惜しんだ。浜松隆也さん(47)は館内に20年前まであった床屋でカットを担当。親子2代続いた店で「政財・芸能界の有名人が来てくれた」と振り返った。

「育てられた」

 藤田観光は全国各地でホテルを運営しているが、転勤せずに長く箱根で働き続けた人も数多い。20年にわたり予約やフロントなどを担当した横山直樹さん(46)は、見送りに立ちながら「まだ最後という実感がわきません。仕事人生のほとんどを過ごし、このホテルに育てられました」。宴会場で働く小暮喜美代さん(69)は「外国人のお客さんと話せなくて、それでも笑顔で気持ちが通じた時は嬉しかった」と涙をぬぐっていた。

 建物や敷地の今後の活用は未定。隣接する和風庭園の蓬莱園には「離れ」をイメージした高級宿泊施設を建設する構想もあり、本年度中に着工、五輪前の完成を目指す。ホテル隣にあるファミリーマートは1月30日で閉店となる。

 今後は昨年オープンしたばかりの箱根小涌園天悠(150室)がエリアの旗艦施設となり、ユネッサンは引き続き営業を続ける。

贈られたキータッグ
贈られたキータッグ

箱根・湯河原・真鶴版のトップニュース最新6件

湯河原真鶴ゆかりの短編

昨秋に東京渋谷で上映「Birds」

湯河原真鶴ゆかりの短編

1月12日号

あしのこ茶屋、和の色濃く

元箱根港・一の鳥居前

あしのこ茶屋、和の色濃く

1月1日号

「デマンド交通」検討

湯河原町

「デマンド交通」検討

1月1日号

元旦の名所、岩ごろり

真鶴半島潮騒遊歩道県は早期撤去の方針

元旦の名所、岩ごろり

12月15日号

始発と最終、区間延長を模索

小田原〜仙石原間高校通学の利便性向上目指す

始発と最終、区間延長を模索

12月15日号

モチーフは兜造り

市民ホール整備事業

モチーフは兜造り

12月15日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月12日号

お問い合わせ

外部リンク