箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年1月26日号 エリアトップへ

湯河原町で凧づくり指導を続ける最古参の青少年指導員 小澤 健一さん 湯河原町鍛冶屋在住 52歳

掲載号:2018年1月26日号

  • LINE
  • hatena

役に立てればどこへでも

 ○…湯河原の凧づくり教室は30年以上続き、もはや町の伝統行事に近い。子どもたちに手取り足取り工作を教える青少年指導員メンバーの中では、一番の古株だ。あだ名は「凧の先生」。普段の仕事が造園業だから、工作道具の扱いを教えるのは朝飯前。それでも昔に比べて、紐が堅く結べない子や「のりしろ」という言葉を知らない子が増えてきた。自身が小さい頃は子ども向け雑誌の「ふろく」の工作に夢中になったが、スマホも出てきて遊びの形が変わったらしい。だからなおさら教え甲斐がある。

 〇…湯河原中、山北高、日本工学院を経てモノづくりの道へ。就職した工場ではレントゲンの大型フイルムを病院内で自動搬送するシステムを手掛けた。自分で部品を発注しては組み立てる、何をやるにも「自力」の職場だった。その後実家に戻り、職人不足だった父の会社を継いだ。青少年指導員になった当時は、電話ボックスに沢山のテレクラ広告が貼られていた頃。若者の飲酒や花火を見つけては声をかけ続けた。「今はスマホがあるからそういう光景は減ったかな。子どものやる事を否定したり、頭ごなしに言ったりはしなかった」と振り返る。家では3人の子のお父さんだ。

 〇…東日本大震災のあった2011年。発生から2ヶ月後にパワーショベルをトラックに積み、東北へ向かった。現地では排水溝のヘドロをかき続けた。そこで手にした仲間や住民との絆は、今もかけがえのない宝。何度も通っては被災地の子どもたちを集めたイベントを手伝い、指導員の仲間が作った彦一凧も持ち込んだ。最近は地元湯河原を車で走っていても「災害時の水源はあそこで」と目が泳いでしまう。悩みの種は腱鞘炎と2度のぎっくり腰。節々に爆弾を抱えつつ「役に立てそう」と分かれば車で出発。20時間をかけて熊本の被災地に向かったあの日は「しびれましたよ」。苦労を振り返る顔が何とも涼しげだった。

箱根・湯河原・真鶴版の人物風土記最新6

前野 和子さん

手製の布ぞうりが中米コスタリカの大使館内に展示された

前野 和子さん

真鶴町岩在住 77歳

4月19日号

DJ MIDORIさん

エフエム熱海湯河原 開局20周年イベントに出演した

DJ MIDORIさん

湯河原町在住 27歳

3月22日号

梅原 雄蔵さん

被災地ボランティアとして東北に通う

梅原 雄蔵さん

湯河原町土肥在住 71歳

3月8日号

吉田 幸恵さん

箱根温泉おかみの会会長を務める

吉田 幸恵さん

箱根町湯本在住 61歳

2月22日号

後藤和彦さん

湯河原みかんグルメ&スイーツサミットV2の「オレンジメンチ」を考案した

後藤和彦さん

湯河原町土肥在住 50歳

2月8日号

守屋 セイさん

足柄下郡3町唯一の助産院で院長を務めていた

守屋 セイさん

湯河原町門川在住 91歳

1月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク