箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年4月6日号
  • LINE
  • はてぶ

ブルックスHD神奈川県・大井町 拠点施設が4月28日オープン 未病バレー「BIOTOPIA(ビオトピア)」

文化

 県(黒岩祐治知事)と(株)ブルックスホールディングス(小川裕子社長、大井町山田)、大井町(間宮恒行町長)の三者が設置を進める「未病バレー『BIOTOPIA(ビオトピア)』」が4月28日に大井町山田にオープンする。

 「未病の戦略的エリア」である県西地域を国内外にアピールする拠点施設として、28日に第1期オープンを迎える。約60ヘクタールの敷地の生かし「食」「運動」「癒し」を通じて様々な「未病改善」を体感できる。

 今回のオープンでは、▽マルシェ▽森のがっこう▽森のみち▽ステージ▽フィールド▽オフィス-の6施設が本格稼働し、県の未病改善体験施設「me-byoエクスプラザ」も同時に開業する。

 本館向かいの「マルシェ」には県西地域の食材を多く使用した料理を提供する和食とフレンチレストランのほか県西地域の食材と特産品、オーガニック商品などを扱うキッチンスタジオやカフェ、ドッグランでサービスを提供する。

 本館西の体育館を使用する「ステージ」には未病関連事業者の製品を検証するコーナー「未病メッセ」も併設。体育館西側に広がる既存の森林帯を生かす「森のがっこう」では敷地内の自然を生かしたアクティビティを提供。森林セラピーや料理教室、みかん狩りなど参加型の催しを展開する。

温泉の掘削も

 第2期以降の計画では、今年4月から約10カ月間にわたり敷地内で温泉掘削工事を実施するほか、温浴施設の整備に着手。20年度には宿泊施設の整備も開始し、21年度の全面オープンを目指すことにしている。

 県の「me-byoエクスプラザ」には15の体験コーナーが設置される。楽しみながら未病を知り、生活を見直すきっかけとなる施設を目指すという。

本館前にオープンするマルシェ
本館前にオープンするマルシェ

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

有毒ガス災害を想定

県西地区消防行政協議会

有毒ガス災害を想定

10月19日号

真鶴×中央大コラボ

西川悟平さんコンサート

「7本指のピアニスト」

西川悟平さんコンサート

10月19日号

ゲストは花田虎上さん

民泊届出が19軒に

足柄下郡3町と小田原

民泊届出が19軒に

10月19日号

料理家招き講演

料理家招き講演

10月19日号

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月19日号

お問い合わせ

外部リンク