箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年4月20日号
  • googleplus
  • LINE

落書きの廃墟に柵

文化

「侵入は法律で罰せられる」と掲示
「侵入は法律で罰せられる」と掲示
 真鶴の番場浦近くの廃墟にこの春、侵入防止のフェンスが建設された。この場所は元々町有地で、以前に貸されていた時に何らかの構造物が建設され、途中で頓挫。打ち捨てられた建物内は不法侵入が相次ぎ、壁という壁がスプレーで落書き(グラフィティやブロックアートとも言われる)で埋め尽くされ、大量のスプレー缶や粗大ごみが放置されている状態だった。近くの電柱もステッカーや落書きだらけで、ネット上では「焼肉要塞」などと名付けられて情報が拡散。侵入は後を絶たず、防止用の柵も壊されたという。町は小田原署に巡回強化を依頼していたが、廃墟自体が危険なため今回柵で立入禁止を明確化したという。

電柱にもベタベタ
電柱にもベタベタ

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6件

箱根・湯河原・真鶴版の関連リンク

あっとほーむデスク

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月3日号

お問い合わせ

外部リンク