箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年5月25日号 エリアトップへ

都内の高校生が来訪 石材業に熱い視線

文化

掲載号:2018年5月25日号

  • LINE
  • hatena
水を散らして回る切削機を撮影する生徒ら
水を散らして回る切削機を撮影する生徒ら

 聖学院高校(東京都)の1年生約40人が、5月22日に千歳川沿いの湯河原石材(二見尚弘社長)を訪れた。「スタディツアー」の一部で、湯河原・真鶴の地場産業である石材業の現場を感じ、業界の課題について考えた。

 工場では石の切削機や穴あけ機を体験したほか、真鶴の採石場(青木一雄石材店)にも足をのばした。壮大な本小松石の切り出し現場を前に、青木太成社長は年間2万トンにおよぶ産出量や、昭和初期まで人力で掘り出していたエピソードを解説した。参加した中兼聖人さんは「手作業の世界と思っていたが意外と機材を活用していた。この点を人材募集時に打ち出せば、若手が集まりやすいのでは」と話していた。

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

思い継ぎ「讃える会」

箱根を愛したケンペル・バーニー

思い継ぎ「讃える会」 文化

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク