箱根・湯河原・真鶴版 掲載号:2018年8月3日号 エリアトップへ

65年前を忘れない

社会

掲載号:2018年8月3日号

  • LINE
  • hatena
現場に建つ箱根別院での法要
現場に建つ箱根別院での法要

 昭和28年の早雲山地すべり災害から65年の節目となる7月26日、建設会社の勝俣組や強羅観光協会など地元関係者が早雲山駅近くの大雄山最乗寺箱根別院に集まり、慰霊祭を行った。65年前の地すべりは幅100m、厚さ20mの規模で、土石流の一部は約2Kmを下り、当時林間学校に訪れていた生徒や僧侶、勝俣組の社員の計13人が行方不明となった。勝俣徳彦社長は西日本豪雨などに触れ「災害を風化させることなく受け継ぎたい」と挨拶した。別院よりも標高の高い現場では同社よる地すべり防止工事が今も続いている。

現在も土砂崩れを防ぐ工事が続く=勝俣組提供
現在も土砂崩れを防ぐ工事が続く=勝俣組提供

箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

壮観の宮入も

5月3〜5日松原神社

壮観の宮入も 文化

5月1日号

北条氏を語る

北条氏を語る 文化

5月2日市民会館

5月1日号

虫の目線になれる

虫の目線になれる 文化

ミュージアムカフェアンドガーデン

5月1日号

山男は絵筆止まらず

山男は絵筆止まらず 文化

大平台の松元さん、7月に個展

5月1日号

テーマは「肉」

夏前に美ボディを…

テーマは「肉」 経済

5月1日号

あっバニラの香り

思い継ぎ「讃える会」

箱根を愛したケンペル・バーニー

思い継ぎ「讃える会」 文化

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 5月1日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 1月25日0:00更新

箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク